次回から「ウクレレノトリコ」と検索してね!

【解説】ウクレレの種類と違い|違いは大きさだけじゃない!

ウクレレの種類と違い
初心者さん
ウクレレが欲しいなと思ってるんだけど、ウクレレって何種類あるの?それと、種類によって何が違うのかも知りたいなー!

 

ウクレレの種類=サイズの種類
と思っていませんか?

実はそれだけじゃないんです(‘ω’)
このページでは、ウクレレの種類を色んな角度からご紹介。また、種類によって何が違うのか?についてもそれぞれ解説しています。

フジカオ
1本目におすすめのウクレレについて知りたい方は「おすすめウクレレまとめ」をお先にどうぞ🔰

 

 

ウクレレの種類について

ウクレレの種類②

まず最初に!
「ウクレレの種類=大きさの種類」と認識している方が多いけど、ウクレレには大きさ以外の部分にも色々違いがあります。

フジカオ
例えば…

 

ウクレレには色んな種類があります
  1. 使われてる木材の種類が違う
  2. ボディの形が違う
  3. 仕上げの形状が違う
  4. ペグの種類が違う
  5. TOP板の作り方が違う

 

などなど…
色んな違いが重なり合ってできているので細分化すると膨大な種類のウクレレがあるのであります(ΦωΦ)!!

初心者さん
種類は大きさだけじゃないんだ…
なおさら迷いそう。

 

フジカオ
大丈夫!
初心者さんの最初の1本はどのサイズのウクレレにするか?からとりあえず絞っていくとGOODだよ(‘ω’)✨

 

 

 

ウクレレの種類と違い①サイズ

ウクレレのサイズ

ウクレレの種類を解説するうえで、まず最初に解説しなくちゃいけないのが「サイズの種類と違い」です(‘ω’)ウクレレには大きく分けて3つのサイズがあります。

定番サイズはこの3つ✨
  1. ソプラノ
  2. コンサート
  3. テナー
※細かく言うと、ピッコロサイズがあったりソプラノのロングネックタイプがあったりバリトンサイズがあったり…と他にもサイズがあるけれど、初心者さんの最初の1本としてイレギュラーなのでこでは割愛しています。

 

①ソプラノウクレレ

FS-1Gシンプル

1番定番とされているのがソプラノサイズのウクレレです。ウクレレといえばコレ!っていう定番サイズのウクレレで、初心者さんの多くがこのサイズのウクレレからスタートします(‘ω’)

 

ソプラノウクレレの特徴
  • 小さくて持ちやすい
  • 押さえやすい・弾きやすい
  • 価格が比較的リーズナブル
  • 初心者向けの色んなモデルがある
  • コロっと明るくウクレレらしい音色が鳴る

 

フジカオ
ウクレレらしいかわいい音色が、弾いてて楽しい気持ちにさせてくれますよ(‘ω’)✨

 

 

②コンサートウクレレ

ソプラノサイズの次に大きいサイズがコンサートサイズのウクレレです。
手の大きい男性や、ギター経験者さんの場合はこのコンサートサイズからスタートするのもアリです(‘ω’)

 

コンサートウクレレの特徴
  • 持ちごたえがあるサイズ感
  • 弦の張りが強くなってくる
  • 音色がふくよか
  • ソプラノとテナーのいいとこどり

 

こういった特徴があります。
ソプラノサイズのウクレレと比較すると、ボディの大きさもネックの長さもかなりアップするので「ウクレレらしさ」はちょっと少なくなります。

 

 

③テナーウクレレ

コンサートサイズよりさらに大きいのがテナーサイズのウクレレです。
このサイズは初心者さんの最初の1本には完全におすすめしません!笑

 

テナーウクレレの特徴
  • コレウクレレなの?
    っていうぐらい大きい
  • 結構重たい
  • 音色がクリア
  • お値段も高くなってくる
  • 2本目3本目に選ばれるサイズ
  • 弦の張りがきつく押さえるのに力がいる

 

テナーサイズのウクレレは、コンサートサイズよりもさらに弦の張り具合が強くなるので初心者さんが最初の1本に選んでしまうと、弦をうまく押さえれなかったり指の痛さに挫折してしまう可能性大…(ΦωΦ)💦

フジカオ
このサイズのウクレレは、ウクレレにはまった人が2本目3本目のウクレレとして選ぶことが多いサイズなので、はまったときにご検討をば(‘ω’)!!笑

 

各サイズごとの特徴や音色の違いなどは
\コチラのページで詳しく解説中!/

【ウクレレのサイズ別特徴まとめ】音の違い&大きさも徹底比較!

 

初心者さんにおすすめのサイズはソプラノ!

FS-1Gシンプル

3種類の定番サイズがある中で、ワタシが個人的におすすめできるのはソプラノサイズのウクレレです。(男性ならコンサートもありかなって思うけど…やっぱソプラノ押し!)
ソプラノサイズをお勧めできる理由は4つあります。

 

ソプラノサイズをおすすめできる理由
  1. とにかく弾きやすい
  2. 比較的お値段がリーズナブル
  3. ウクレレらしい音色を楽しめる
  4. 自分自身が最初にソプラノを選んで正解だった!と思えてる

 

それぞれの理由の深堀は「ウクレレのサイズ別特徴まとめ」でさらに熱く語っているのでよければどうぞ!

 

 

 

ウクレレの種類と違い②使われてる木材

さて!
ウクレレにはサイズ以外にも違いがあります。ウクレレに使われている「木材」も違いの大きな要素です。

 

▼ウクレレによく使われる木材

ハワイアンコア マホガニー メイプル
スプルース マンゴー ローズウッド
細かく言うともっと色んな木材を使ってウクレレを作っているメーカーさんや個人ビルダーさんもいるけど、キリがないので定番のみをピックアップ! 
ウクレレによく使われる木材
  • ハワイアンコア
  • マホガニー
  • メイプル
  • スプルース
  • マンゴー
  • ローズウッド

 

ウクレレにはこのあたりの木材がよく使用されています(‘ω’)
使われる木材で

 

  • 見た目
  • ウクレレの音色
  • ウクレレのお値段

 

などに違いがでてくるので、ウクレレにはまって2本目3本目を探す人は、この木材から絞ってウクレレを探す人も少なくありません(‘ω’)

 

初心者さん
へーそうなんだ!
初心者にはどんな木材を使ったウクレレがいいの?

 

初心者さん用のウクレレはマホガニーが主流

色んな木材を使って作られたウクレレがある中で、初心者さん向けのウクレレによく使われているのが「マホガニー」です。ワタシ個人的にも最初の1本はマホガニーで作られたウクレレをおすすめしています。

 

マホガニーウクレレの特徴
  • 価格がリーズナブル
  • 音色がまろやか&温かみがある
  • どんなジャンルの音楽にも合いやすい

 

当ブログでワタシが初心者さんに「このウクレレが質も高く弾きやすくておすすめです!」と紹介しているウクレレはほとんどマホガニーを使ったウクレレ。

音色もよくて、コスパもよくて、
どんなジャンルの音楽とも相性がいいのですごくいい木なのです(‘ω’)✨

 

▼おすすめウクレレについてはコチラのページで特集しています

【迷った人向け】ウクレレ初心者セットおすすめTOP5(予算別)

 

コア、スプルースはお値段が高め

他にも有名どころには「ハワイアンコア」や「スプルース」といった木があるんだけど、木の価値が高いので、その分ウクレレのお値段も高くなってしまうということがあるんです。

 

そういった面からみても「マホガニー」を使ったウクレレは比較的リーズナブルなので初心者さんにGOODなのであります(‘ω’)✨

初心者さん
なるほどねー

 

 

 

ウクレレの種類と違い③ボディの形

続きまして…
ウクレレはボディの種類もざっくり分けて2パターンあります。

 

ウクレレの形は2種類!
  1. ひょうたん型
  2. パイナップル型

それぞれの特徴と違いを解説します。

 

①ひょうたん型ウクレレの特徴

ひょうたん型のウクレレは定番の形です。
販売されてるウクレレの9割はこのひょうたん型のウクレレなんじゃないかなぁ(‘ω’)?

 

パイナップル型のウクレレに比べると、1音1音がはっきり聞こえる印象があります。この形のウクレレは色んなラインナップがあるので、自分好みのウクレレを選べるというメリットがあります✨

 

パイナップル型ウクレレの特徴

まるっとした形がかわいいパイナップル型。ボディの形状上、少しこもった感のある音が鳴るのが特徴的です。

この形のウクレレは商品のラインナップが少ないので、初心者さんが最初の1本に選ぶのは…ちょっとおすすめしにくいかなーってところが本音デス。

フジカオ
形は可愛いけど1本目に選ぶのは結構マレだと思います!笑

 

 

ウクレレの種類と違い④仕上げ方の種類

ウクレレには「仕上げ方」にも2種類あります。下の画像を見てもらうとわかりやすいと思うんだけど…

FS1Gと5Gの比較画像

上のウクレレは「ツヤあり仕上げ」
下のウクレレは「サテン仕上げ」
になっています(‘ω’)

 

ウクレレの仕上げ方の違い
  1. ツヤあり仕上げ
  2. サテン仕上げ

 

ツヤあり仕上げ(光沢仕上げと言うときもあります)は、ウクレレ全体にニスのような光沢がでる液体を付けて仕上げるので、表面にツヤがありピカピカテカテカしています。
ウクレレを構えた時も、この仕上げのウクレレは滑りにくいっていう特徴と、ちょっと高級に見えるっという特徴があります(‘ω’)✨

 

逆にサテン仕上げの方は、表面はツルツルサラサラ!ウクレレを構えた時も、光沢仕上げのウクレレより滑りやすさを感じやすいです。(慣れるしストラップを付ければ対策はとれるので心配しなくて大丈夫!笑)

フジカオ
コッチの方がいいよー(ΦωΦ)!!
とかは別にないので、アナタの好みで選んでOKです。

 

 

ウクレレの種類と違い⑤ペグ

ウクレレには「ペグ」というチューニングをするときに超重要なパーツがあります。
そのペグ部分にも(ざっくりいうと)2つの種類があります。

 

ペグの種類
  1. ギアペグ
  2. ストレートペグ

※ホントはもう少し種類があるけど初心者さん向けではないのでここでは割愛!

 

1本目のウクレレの場合…
チューニングがしやすいので左側の写真のように「ギアペグタイプのウクレレ」を選ぶことを推奨しています。

 

ウクレレの種類と違い⑥TOP板のつくり

ウクレレにはメインの部分(トップ板と呼ばれる部分)の作り方にも2パターンあります。

 

ウクレレの単板と合板(KIWAYAさんのHPからおかりしました!)

 

トップ板の作り方は2パターン!
  1. 単板
  2. 合板

単板=一枚板でつくられていて、それに対して合板は3枚の板をひっつけて1枚にして使っています。初心者さんの場合は価格がリーズナブルな「合板」で作られたウクレレがおすすめ!
強度も合板の方が高いです(‘ω’)

フジカオ
一枚板で作られたウクレレは、音色がとにかくいいんだけどお値段がグーンとアップします(ΦωΦ)2本目3本目にGOODだね✨

 

まだウクレレにハマルかどーかわからない最初の1本目に、本気のウクレレを買うのはちょっとリスキーだな~と思うので(←高いから!笑)おすすめはしません。

 

フジカオ
お金持ちで予算たっぷりの人は全然いいけどね✨うらやましい~!!笑

 

おさらい
  1. サイズが違う
  2. 使われてる木材の種類が違う
  3. ボディの形が違う
  4. 仕上げの形状が違う
  5. ペグの種類が違う
  6. TOP板の作り方が違う

 

以上!
この6つが「ウクレレの種類の違い」としてカテゴリ分けできる内容と思います。
こんな感じで色々組み合わされているので、ウクレレには色んな種類があって値段もピンキリになるってワケなのであります。

 

初心者さん
なるほどねー!
サイズの違いだけじゃないんだね~

 

 

最初のウクレレはこう選ぼう!

最初の1本目のウクレレはこう選ぼう!

色んな種類のウクレレががありすぎて、
どのウクレレを選んだらいいかわからん!
選ぶのに疲れる…(-_-)💦

 

っとなった方は(気持ちめっちゃわかるなぁ笑)下記を参考にしてみてください!

1本目ウクレレはこう選ぼう
  1. サイズはソプラノサイズで
  2. 形はひょうたん型で
  3. マホガニーかコア材を使った
  4. ギアペグタイプの
  5. 合板のウクレレ
フジカオ
この5つのポイントを意識してウクレレを選ぶと、ウクレレ選びに失敗する確率が減らせると思います(‘ω’)✨

 

▼ウクレレの選び方についての詳細はコチラのページで詳しく解説しているので良かったら合わせて読んでみてください。

ウクレレの選び方解説

【ウクレレの選び方】この3点に気を付けて選ぼう!

 

 

初心者さんにおすすめのウクレレ

当ブログでは「こんなウクレレがいい!」と明確に決まっていないウクレレ初心者さんに、このウクレレを1番におすすめしています。

 

\1本目にむちゃくちゃ◎

Famousの「FS-1G」
というウクレレです。
詳しく見てみる

 

ウクレレをやっている人の中で「Famous(フェイマス)」を知らない人はいないだろう…ってぐらい有名で、販売実績のあるブランドの超ロングセラーなウクレレです。

 

▼FS-1G以外にも、初心者におすすめのウクレレを色々見てみたい!という方はコチラのページを参考にしてみてください。

【迷った人向け】ウクレレ初心者セットおすすめTOP5(予算別)

 

 

以上!
ウクレレの種類についての解説と、
初心者さんの最初の1本におすすめできるウクレレのご紹介でした(‘ω’)!!

フジカオ
長いのに最後まで読んでくれてありがとーう