次回から「ウクレレノトリコ」と検索してね!

【ウクレレの種類と選び方】最初の一本どのサイズを選ぶべき?

ukulelenoerabikata
初心者さん
ウクレレってどんなけ種類があるの?サイズも色々あってどれを選んだらいいか迷うなぁ…

 

こういったお悩みを解決します。
1本目のウクレレにどんなウクレレが人気なのか?おすすめなのか?を知っておきたい方はコチラを先にどうぞ。

 

 

 

失敗しないウクレレの選び方

ukulelenoerabikata
初心者さん
ウクレレって何を基準に選んだらいいんだろ?

ワタシも最初、すごく悩みました(‘ω’)
楽器屋さんに行ってもネットで検索しても、初心者向けのウクレレがいっぱいあってドレを選んだらいいのか迷いますよね!しかも値段もサイズもまちまち…笑

 

初めてのウクレレを選ぶときは、下記3点に注意して選ぶことで、「あ~失敗した~アッチを買っておけばよかった~」となる確率が減らせるのでゼヒ参考にしてみてください(‘ω’)

 

ウクレレ選びの注意点3つ
  1. 値段に注意
  2. ペグの形に注意
  3. サイズに注意

 

 

値段(最低1万円~のウクレレを選ぼう)

nedandeerabu

ウクレレ選びで失敗しないために1番重要!と実感しているのが「値段」です。

フジカオ
安すぎるウクレレはNGです!かといって高すぎるウクレレも1本目にはおすすめしにくいです。

 

気をつけて欲しいのが、ネットでウクレレを検索すると、1万円以下のリーズナブルな初心者向けウクレレがズラーっと並びますが、リーズナブルというだけで飛びつくこと。

 

安いウクレレ

 

フジカオ
安すぎるウクレレに注意して欲しい理由は、

  • 音色が微妙
  • 弾きにくい
  • 音程があっていない

 

などのデメリットがあるからです。

 

これらのを承知の上で選ぶのはOKです。

 

だけど、初心者さんであったとしてもウクレレを選ぶときは、最低でも1万円以上のウクレレを選び、高くても6万円程度のウクレレにしておくことで「おもちゃのようなウクレレを買う羽目にならず、万が一ハマらなくても金銭的リスクを最小限に抑えられる」ので覚えておいて欲しいなと思います(‘ω’)

 

ポイント
  • 最低でも1万円以上が理想
  • 高くても6万円程度のウクレレにしておく
  • 安すぎるウクレレは全てにおいて「微妙」
  • 高すぎるウクレレはハマらなかった時の金銭的なリスクが大きい

 

 

 

ペグ(最初の1本はギアペグを選ぼう)

pegudeerabu

最初の1本目のウクレレは、ペグの形式が「ギアペグ」タイプのウクレレを選ぶようにしましょう!

フジカオ
理由は、ギアペグタイプのウクレレはチューニングがしやすいからです。←コレ大事。

 

初心者さん
…ちょっとまって。
ペグってなに??

 

ペグとは、ウクレレをチューニング(←音を合わせること)をするときに使うパーツのこと。

 

▼この部分です!

初心者にはギアペグがいい

 

ウクレレのペグには色んなタイプのものがありますが、ギアペグのウクレレはチューニングがしやすいので初心者さんでもストレスなく、すぐ弾ける状態に合わすことができます。

初心者さん
なるほどなるほど!

 

 

ポイント
  • ペグはギアペグタイプのものを選ぶ
  • 理由はチューニングしやすいから
  • チューニングがしにくいって結構ストレス

 

 

 

 

サイズ(最初の1本はソプラノがおすすめ)

sizedeerabu

初心者さんの最初の1本には、ウクレレの定番サイズ「ソプラノ」サイズのウクレレがおすすめです。

フジカオ
理由はウクレレらしい音色を1番楽しめるのが、ソプラノサイズのウクレレだからです(‘ω’)✨

 

ウクレレにはざっくり分けて①ソプラノ②コンサート③テナーの3サイズのウクレレがあるけれど(厳密にはもっとあるけど初心者の最初の1本にはふさわしくないので割愛!)まずは、女性でも男性でもソプラノサイズのウクレレをおすすめします。

 

ポイント
  • 最初の1本はソプラノサイズがおすすめ
  • 理由は1番ウクレレらしい音色を楽しめるから

 

 

 

以上の3点に意識して
ウクレレを選んでみてください。

補足
「このウクレレがイイ!」「このウクレレかわいい!」とビビビときたウクレレと出会った場合は相棒として迎えてOKです。こういった注意点もあるんだな…ということだけ頭の片隅にいれてもらえればと思います(‘ω’)

 

 

【ウクレレの種類】定番サイズは3種類

ウクレレのサイズ

では次にウクレレの種類について。
ここでは「種類=サイズの種類」と位置付けて解説していきますね(‘ω’)

フジカオ
「定番」とされているのは、下記の3サイズです!

 

ウクレレの定番サイズ
  1. ソプラノサイズ(定番)
  2. コンサートサイズ(ちょっと大きい)
  3. テナーサイズ(かなり大きい)

 

これからウクレレを始めるぞ~!

 

っという初心者さんの場合は、①ソプラノサイズか、②のコンサートサイズのウクレレから始めるのがスタンダードでおすすめです。

 

 

補足
実際、ウクレレのサイズはもっとあります。例えば、ソプラノより小さい「ピッコロサイズ」や、ソプラノとコンサートの間に「ソプラノウクレレコンサートネック」っていうのがあったり、テナーよりさらに大きい「バリトンサイズ」があったりします。

 

ウクレレの種類②

ですが!
「初心者さんの定番」は上で紹介した

 

  1. ソプラノサイズ
  2. コンサートサイズ
  3. テナーサイズ

 

の、3サイズのどれかになるので他のサイズについてはココでは割愛します。

 

初心者さん
サイズで何か違ったりするの?音色とか弾きやすさとか。

 

サイズごとに特徴があります。
定番3サイズの特徴を解説しますね(‘ω’)

 

 

①「ソプラノサイズ」ウクレレの特徴

ソプラノサイズのウクレレ画像

 

  • 最初の1本の定番サイズ
  • ウクレレらしい音色を1番楽しめる
  • 強い力がなくても弾ける
  • 比較的リーズナブルで購入しやすい

 

 

「ソプラノサイズ」のウクレレにはこういった特徴があります。

 

冒頭でもお伝えした通り、これからウクレレを始める!という初心者さんには、このソプラノサイズのウクレレからスタートするのがおすすめです。

 

こんな人はソプラノ!
  • 手が痛くなりにくいウクレレがいい人
  • 初心者でも弾きやすいウクレレがイイ人
  • ウクレレらしい音色を楽しみたい人

 

こういったタイプの人はソプラノサイズのウクレレとの相性バッチリなので、ソプラノサイズのウクレレに絞って最初の1本を選んでみてください。

 

▼おすすめのソプラノウクレレを何本かまとめています

 

 

 

②「コンサートサイズ」ウクレレの特徴

コンサートサイズのウクレレ画像

 

  • 結構ドッシリ感がある
  • 弦を押さえるのに力がいる
  • ちょっとお高くなる
  • 音域が広いので色んなジャンルの曲を楽しめる
  • 音色がクリア
    (聞かせる系の曲と相性がいい)

 

 

ソプラノサイズのウクレレより1周り大きいのが「コンサートサイズ」のウクレレです。リコーダーでいうと、ソプラノの次に練習したアルトリコーダーみたいなイメージ(‘ω’)

 

EUC-25Dのメリット

抱えてみると分かりますが、結構大きいです。
THEウクレレ!を求めている人にはイメージと離れる可能性があるので、選ぶときには慎重に。

 

フジカオ
弦の張りも強くなるので、押さえるときに少し力が必要になったり、手を大きく広げないといけないので、極端に手の大きい人以外は、先にソプラノから試すほうがいいんじゃないかな~と個人的には思います。

 

 

こんな人はコンサート!
  • 手が大きい人
  • どちらかというと指が長いなという人
  • ソプラノに慣れて2本目を探している人
  • 聞かせる系の曲をメインにと考えている人

 

こういったタイプの方はコンサート、コンサートサイズのウクレレを最初の1本に選ぶのもアリだと思います。

 

おすすめウクレレとしては、初心者さんにおすすめのウクレレのページでもご紹介している「EUC-25D」というウクレレがあります。レビューしているので気になる方はチェックしてみてください。

enyaEUC25DReview2

 

フジカオ
コンサートウクレレは大きくなる分、弦を押さえる力が必要になってくるので、ワタシ個人的にはソプラノサイズで慣れてからの2本目におすすめできるサイズだなーと思っています(‘ω’)

 

 

 

③「テナーサイズ」ウクレレの特徴

 

  • 最初の1本にはおすすめ「しずらい」
  • とにかく大きくて重い
  • ウクレレらしさはちょっと遠のく
  • お値段が高くなる
  • 音色がとってもクリア
  • 2本目3本目に購入する人が多い

 

 

ラストはテナーサイズについて。
テナーサイズのウクレレはもうとにかく…
大きい!

フジカオ
コレ、ウクレレなの?
とビックリすると思います。笑

 

 

先ほど解説したコンサートサイズのウクレレよりさらに大きく&重たくなるので、初心者さんの1本目のウクレレとしてはおすすめしがたいっというのが本音…。

 

フジカオ
コンサートサイズよりさらに弦の張りが強くなるので、さらに押さえる力が必要になります。最初の1本に選ぶと中々きれいな音が鳴らせなくて苦労する可能性があります;:

 

 

こんな人はテナー!
  • ギターを経験したことがある人
  • 手が大きくて弦を押さえる経験がある人
  • ソロ弾きをメインに考えている人
  • プロが使ってるようなウクレレを最初に欲しい人
  • ウクレレにしっかりハマり2本目3本目を探している人

 

こういったタイプの方は、テナーサイズのウクレレと相性がピッタリです。

 

 

ですが!
何度もお伝えするように、初心者さんの最初の1本目に、テナーサイズのウクレレは…という感じです。間違いなく手は痛くなるし、コードを押さえる難易度もUPします。

 

そうなるとせっかく始めたウクレレを、途中で挫折してしまう可能性もあるので、選ぶ際はゼヒゼヒ慎重に検討されてみてくださいね!

 

 

初心者さんは「ソプラノサイズ」がおすすめ

ソプラノウクレレがおすすめ

これからウクレレを始める初心者さんの場合、女性であっても男性であってもウクレレらしさを楽しめる「ソプラノ」サイズのウクレレから始めてみるのがおすすめです。

 

ソプラノをおすすめできる理由
  1. とにかく弾きやすいから
  2. 比較的価格がリーズナブルだから
  3. ウクレレらしい明るい音色を楽しめるから

 

フジカオ
まずはソプラノサイズのウクレレで、ウクレレらしさを思いっきり楽しんで欲しいなーと個人的にすごく思います(‘ω’)✨

 

 

男性でもソプラノってありなの?

フジカオ
全然アリです!
むしろめっちゃアリです!

 

コチラをご覧くださいまし。

 

コチラの動画で演奏されてる真ん中の方以外のお二人は、ソプラノサイズのウクレレを演奏されています。

フジカオ
男性ですが違和感ないですよね(‘ω’)ウクレレらしいカラカラした音色が最高っ!!!

 

 

ウクレレらしい、コロコロ、カラカラっとした音色が楽しめるのはソプラノサイズの特権!ウクレレを始めるならまずはこのウクレレらしさを堪能しないともったいないですっ(‘ω’)←熱弁w

 

▼おすすめのソプラノウクレレを何本かまとめています

 

サイズ以外で見る「ウクレレの種類の違い」

フジカオ
ここまでウクレレの「サイズ」の種類とその違いについて解説してきましたが、実はウクレレはサイズ以外にも比較する箇所が色々あったりします。

 

ここにも「違い」あり
  1. 使われてる木材の種類
  2. TOP板の作りの違い
  3. ボディの形状の違い
  4. 仕上げ方の違い
  5. ペグの種類の違い

 

などなど。

初心者さん
そのあたりの違いも知っておきたいかも。

 

っという方だけ
つづきを読み進めてみてください(‘ω’)

 

 

①ウクレレに使用される木材

ウクレレに使用される木材として、これらの木材があります。

 

ハワイアンコア マホガニー メイプル
スプルース マンゴー ローズウッド
細かく言うともっと色んな木材があるけどキリがないのでココでは定番のみをピックアップしています。 

 

 

使われる木材で
こういったことが違ってきます。

 

  • 見た目の雰囲気
  • ウクレレの音色
  • ウクレレのお値段

 

フジカオ
ウクレレにはまって2本目3本目を探す人は、木材から絞ってウクレレを探す人も少なくないですよ(‘ω’)

 

 

最初の1本はどんな曲にもマッチしやすい「マホガニー」がおすすめ

初心者さんの最初の1本目としては、価格もリーズナブルでどんな曲にも合いやすい「マホガニー」を使用したウクレレがおすすめです。

 

 

初心者さんにおすすめのウクレレ」のページで1番におすすめしているこの「FS-1G」というウクレレも、このマホガニーを使って作られたウクレレです。

 

このウクレレについて詳しく見る

 

フジカオ
ソプラノサイズでマホガニーを使ったウクレレ。弾きやすくどんな曲にもマッチして聞き心地のいい音色が最高です✨

 

 

コア、スプルースはお値段が高めなので最初の1本には微妙

他にも有名どころとして「ハワイアンコア」や「スプルース」といった木がありますが、木自体の値段が高いので、ウクレレのお値段も高くなります。

 

フジカオ
気軽な気持ちで購入するには「ぬぉ!!」という金額になるので、初心者さんの最初の1本にはあまりおすすめできないかな…と個人的に思っています。

 

 

それぞれの木材を使って作られたウクレレの特徴については、コチラのページで詳しくまとめているのでご興味のある方だけ読んでみて下さい(‘ω’)

ウクレレの木の違い

 

 

 

②ウクレレのTOP板の作りは2種類

ウクレレのTOP板(メインの板の部分)も、ザックリと2パターンあります。

 

トップ板の作りの定番
  • 一枚板で作った「単板」
  • 板を3枚合わせた「合板」

 

ウクレレの単板と合板(KIWAYAさんのHPからおかりしました)

 

一枚板で作られた「単板」のウクレレはお値段がグーンと高くなり、三枚板で作られた「合板」のウクレレはお値段がリーズナブルっという特徴があります。

 

 

なので!
初心者さんの最初の1本には「合板」でつくられたウクレレが個人的にはおすすめです。

フジカオ
合板でも「FS-1G」「FS-5G」のように素敵な音色を出してくれるウクレレもたくさんあります(‘ω’)✨

 

 

 

③ボディの形状の違い

ウクレレには「形」にも種類があります。

 

ウクレレの形はこの2パターン
  1. ひょうたん型(←オーソドックス)
  2. パイナップル型

 

 

オーソドックスなのは①のひょうたん型のウクレレです。②のパイナップル型のウクレレは初心者さん向けのモデルは少ない印象があるので、最初はひょうたん型のウクレレでいいと思います。

 

 

「ひょうたん型」ウクレレの特徴

TRUTHウクレレ⑤

ひょうたん型のウクレレは定番の形です。
販売されてるウクレレの9割はこのひょうたん型のウクレレなんじゃないかなぁ(‘ω’)?

 

パイナップル型のウクレレに比べると、1音1音がはっきり聞こえる印象があります。この形のウクレレは色んなラインナップがあるので、自分好みのウクレレを選べるというメリットもありますね!

 

 

「パイナップル型」ウクレレの特徴

TRUTHウクレレ③

まるっとした形がかわいいパイナップル型。ボディの形状上、響きがいいので少しこもった音が鳴るのが特徴的です。

 

この形のウクレレは商品のラインナップが少ないので、初心者さんが最初の1本に選ぶのはちょっとおすすめしにくいかなーってところ。

フジカオ
形は可愛いけど1本目に選ぶのは結構マレだと思います!笑

 

 

④ウクレレの仕上げは2種類

ウクレレには「仕上げ方」にも種類・違いがあります。

 

ウクレレの仕上げはこの2タイプ
  1. ツヤなし
  2. ツヤあり

 

FS1Gと5Gの比較画像

上のウクレレは「ツヤあり仕上げ」
下のウクレレは「サテン仕上げ」

 

上のウクレレの方がちょっとテカっとしていますよね✨

 

「ツヤあり(光沢)仕上げ」の特徴

相棒FS-5G

ツヤあり仕上げ(光沢仕上げと言うときもあります)は、ウクレレ全体にニスのような光沢がでる液体を付けて仕上げるので、表面にツヤがありピカピカテカテカしています。

 

ウクレレを構えた時も、この仕上げのウクレレは滑りにくく、ちょっと高級に見えるっという特徴があります。

 

 

「ツヤなし(サテン)仕上げ」の特徴

FS-1G滑る

逆にサテン仕上げの方は、表面はツルツルサラサラ!ウクレレを構えた時も、光沢仕上げのウクレレより滑りやすさを感じやすいです。

 

フジカオ
構えた時の感覚は慣れてくるのし、それでも滑るようならストラップなどを付けて対策可能です。心配しなくて大丈夫(‘ω’)

 

 

⑤ウクレレのペグの種類と違い

さて!
最後はペグの違いについて。ペグについては冒頭でも少し触れましたがもう少し深掘りして解説します(‘ω’)

 

ペグの種類はこの2パターン
  1. ギアペグ
  2. ストレートペグ

※ホントはもう少し種類があるけど初心者さん向けではないのでここでは割愛!

 

 

初心者さんがウクレレを選ぶときは①のギアペグタイプのウクレレがおすすめです。
理由はチューニングしやすいからですね(‘ω’)

 

 

【まとめ】まずはサイズを絞って自分に合う1本を見つけよう!

以上!
ウクレレの種類とそれぞれの特徴をふまえた上で、ウクレレの選び方のポイントを解説してきました(‘ω’)

フジカオ
個人的には、まずは「サイズ」から絞っていくのがいいかなと思います。こだわりがそこまでないならソプラノからで全然いいと思います!

 

ここで解説してきた内容を含め、初心者さんの最初の1本におすすめのウクレレとして、おすすめできるものをコチラのページにまとめています。

 

\最初の1本を見つけよう/

 

フジカオ
ではでは!
今回はココマデ。最後まで読んでくれてありがとございました(‘ω’)