次回から「ウクレレノトリコ」と検索してね!

キヨサクさんが使ってるウクレレの種類・ブランドをリサーチ!

キヨサクさんのウクレレ
キヨサクファン
キヨサクが使ってるウクレレってどこの?どんな種類のウクレレなのー?

 

モンパチ時代からのファンの人や、UKULELEGIPSYとして活動されてからファンになった人なら1度は気になったことがあるのではないでしょうか(ΦωΦ)?

キヨサクさんの
ウクレレってどこの!?
っと(ΦωΦ)!!

 

フジカオ
ワタシも気になったので、調べてみました!今回はその内容をまとめています✨

 

 

キヨサクさんが使ってるウクレレ

2020年12月現在、
ワタシが知ってるキヨサクさんが所有されてるウクレレは5本です(‘ω’)

 

キヨサクさんご愛用のウクレレ
  1. tikitiki「SAP-MANSeriesHK-PL」
  2. M’S CRAFT「MC-224」
  3. Fukulele「FTK-3cst 18G」
  4. KAMAKA「HF-3Dデラックス」
  5. tikitiki「HM-T KIYOSAKU」

 

①tikitikiのSAP-MAN Series HK-PL

SAP-MAN Series HK-PL

tikitikiさんのHPから画像をおかりしています。

 

ソプラノサイズのボディに、コンサートサイズの(長さの)ネックがついているソプラノロングネックのウクレレ!形も一般的なひょうたん型ではなく、パイナップル型でかわいい✨

 

ブランドは「tikitiki(ティキティキ)ウクレレさん。
日本発ブランドですべて国内生産のウクレレがラインナップしています!

 

SAP-MAN Series HK-PLのスペック
  • サイズ:ソプラノ(ロングネック)
  • スケール:386mm
  • フレット数:14フレットジョイント/18フレット
  • ナット幅:36mm
  • ボディ:選定ハワイアンコア・サップ材
  • ネック:マホガニー
  • 指板:ローズウッド
  • ヘッド:選定ハワイアンコア・サップ材
  • フレット:スタンダード
  • ペグ:ゴトーUPT
  • ブリッジ:ローズウッド
  • ブレイシング:ファンブレーシング
  • お値段:約9万円前後

 

このウクレレは一般向けに市販されているウクレレなので、在庫があれば購入できる可能性があるよー(‘ω’)✨

 

②M’sCRAFTのMC-224

MC-224

TANTANさんのHPから画像をおかりしました。

 

2本目のウクレレはコンサートサイズのウクレレです。
このウクレレを弾いてるところを見たことがなかったので、新たな発見(‘ω’)✨
…そして欲しくなる。。笑

 

このMC-224というウクレレは、
ウクレレ専門店のTANTANさんがM’sCRAFT(エムズクラフトって読むよー!)さんにカスタムオーダーされたモデルなので、同じものをGETできる可能性は低そう…;:
TANTANさんにオーダーすればいけるのかな!?

 

フジカオ
本気で欲しい!っていう人はTANTANさんに問い合わせてみてね✨ワタシも関東に行く予定があったら絶対行ってみたいウクレレショップさんです!

 

MC-224のスペック
  • サイズ:コンサート
  • TOP:ハワイアンコア(5Aグレード)
  • サイド:ハワイアンコア(5Aグレード)
  • バック:ハワイアンコア(5Aグレード)
  • 指板:エボニー
  • ブリッジ:エボニー
  • フレット数:14フレットジョイント/18フレットエンド
  • ペグ:GOTOH
  • バインディング:ブラッドウッド?
  • お値段:たぶん25~30万円前後の予想

 

 

フラガールのインレイと、ボディのレイのデザインがかなり特徴的で、家に置いてるだけでもテンションあがる1本!!
なかなかのお値段がする(はず)ウクレレなので、手軽にGET~♪みたいなのは難しいけど、欲しくなる1本だなっと思いました(‘ω’)✨

 

 

③FukuleleのFTK-3cst 18G

FTK-3cst 18G

reverbさんのHPから画像をおかりしました

 

続きまして…
国内ウクレレブランドシェアNo.1のFamousの上位モデルな「Fシリーズ」の2018年の楽器フェア用に製作されたカスタムウクレレ「FTK-3cst 18G」です。
このウクレレ…限定2本とのこと( ゚Д゚)!!

 

フジカオ
そのうちの1本がキヨサクさんの手に渡ったってこと!?さすが!!笑
同じものは手に入れるのは難しそうだね;:

 

FTK-3cst 18Gのスペック
  • サイズ:テナーサイズ
  • フレット数:14Fジョイントの19F
  • ボディー:ハワイアンコア材単板
  • ネック:アフリカンマホガニー材
  • 指板/ブリッジ:ローズウッド材
  • ナット/サドル:牛骨
  • ペグ:Gotoh UK700 B5-GG
  • 弦:Famous Aranjuez Black弦
  • お値段:不明(中古で20万円で販売されてました)

 

調べてわかったけど、
このウクレレ、TOPはハワイアンコアだったんです!
こんな色してるからてっきりマホガニーかローズウッドだと思ってた(‘ω’)💦
仕上げの塗装でもかなり雰囲気がかわるんだな~と勉強になりました!

 

フジカオ
まだまだ定番木材の本気度MAXのウクレレをGETできていないワタシは、コアならもっとコアらしい状態でいてほしいなぁ…とか思っちゃう!笑
遊び心たっぷりのウクレレをGETできる余裕が欲しい(ΦωΦ)w

 

 

④KAMAKAのHF-3DテナーDELUXEモデル

HF-3Dデラックス

MIKI楽器さんのHPから画像をおかりしました

続きましてはコチラ!
KAMAMAの「HF-3D」デラックスモデルというウクレレです。

 

KAMAKAはウクレレの本場ハワイの老舗ブランドで、ウクレレをやっている人なら1本欲しくなっちゃうような憧れのブランドでもあります(‘ω’)✨
キヨサクさんが使っている「HF-3D」というウクレレは、KAMAKAのウクレレの中でも上位モデルで、ハワイアンコアの木目(カーリーって呼ばれたりもするよ!)も超キレイな木で作られているのでお値段もお高いです(ΦωΦ)!!

 

HF-3Dデラックスのスペック
  • ボディ・サイド・バック:Solid Curly Hawaiian Koa
  • ネック:マホガニー
  • 指板・ブリッジ:エボニー
  • Machine Head:Schaller/Chrome
  • Fingerboard Inlay:MOP
  • Rosette:Wood/Rope Pattern
  • Binding:Wood/Rope Pattern
  • Scale:431.8mm

 

フジカオ
この「HF-3D」は楽器屋さんに行けばおいてる可能性があります!なので、キヨサクさんと同じモデルのウクレレをGETできるチャンスのあるウクレレだよ(‘ω’)✨(…高いけどね!w)

 

ワタシ個人的にいつか欲しいウクレレ!のリストに入っているウクレレで、ハワイに行ったときこの「HF-3Dデラックス」を試奏させてもらいました(‘ω’)💕

 

\その時の写真/

HF-3D試奏

弾ける曲全然ないのに
いっちょ前にええウクレレを触らせてもらってテンションMAXでした。笑

フジカオ
ぬあ~!!
ほしいーー!!!!笑

 

 

⑤Tikitiki「HM-T KIYOSAKU」

キヨサクウクレレ⑤

さて!
最後にご紹介するのがキヨサクさん(UKULELEGIPSY)がTikitikiウクレレさんとがコラボしたウクレレです。俗にいうシグネイチャーモデルってやつです(‘ω’)!!

 

キヨサクさんが使っているのは「HM-T KIYOSAKU」というモデルのウクレレで、100年以上経過した貴重な木、ホンジュラスマホガニーを使って作られたウクレレになります。
この「HM-T KIYOSAKU」については完全受注販売のみなので、お店にいって出会えるのはめちゃくちゃ奇跡的✨

 

HM-T KIYOSAKUにスペック
  • サイズ:テナー
  • ボディ全体:ホンジュラスマホガニー
  • ネック:マホガニー
  • 指板:ブラジリアンローズウッド
  • スケール:434mm
  • フレット:12フレットジョイントの18フレット
  • お値段:約36万円

 

この他にも!

 

  • HM-T-S KIYOSAKU
  • AM-T KIYOSAKU

 

の2モデルも同時リリースされていて、
キヨサクさんが持ってる「HM-T KIYOSAKU」よりもリーズナブル価格で購入できるモデルもあります(って言ってもソコソコのお値段するけどねw)

 

「HM-T-S KIYOSAKU」と「HM-T KIYOSAKU」はどう違うの?

「HM-T-S KIYOSAKU」はヘッドの装飾がデカール(ステッカー)になっている分、お値段が約28万円(ピックアップなしタイプ)とややお安くなります。その他の部分は同じです。

 

フジカオ
※同じホンジュラスマホガニーだけど、キヨサクさんのモデルだけ100年寝かせたホンジュラスマホガニーを使ってるよ!

 

「AM-T KIYOSAKU」と「HM-T KIYOSAKU」はどう違うの?

キヨサクさんモデルに使われているホンジュラスマホガニーだけど、「AM-T KIYOSAKU」に使われている木はアフリカンマホガニーという木を使っています。
同じマホガニーでも、ホンジュラスマホガニーの方が高価な木になるので、その分AM-Tの方がリーズナブルな価格で手に入れることができます。お値段約14万円(ピックアップなしタイプ)

 

また、指板に使われている木もキヨサクさんモデルの方はブラジリアンローズウッドだけど、こちらはただのローズウッド。ヘッドのデザインも貝などを埋め込んだものと違いデカールになっています。

 

フジカオ
この辺りの違いでお値段が全然違ってきてるってワケです(‘ω’)✨

 

 

以上!!

 

  1. tikitiki「SAP-MAN Series HK-PL」
  2. M’S CRAFT「MC-224」
  3. Fukulele「FTK-3cst 18G」
  4. KAMAKA「HF-3Dデラックス」
  5. tikitiki「HM-T KIYOSAKU」

 

の5本が(今のところ)キヨサクさんが愛用されているウクレレです!

 

フジカオ
①④⑤で紹介した3本なら、一般販売されてるモデルのウクレレだから同じのをGETできる可能性があるねっ(‘ω’)♪

 

▼ウクレレの主要ブランドの一覧&特徴などはコチラのページでまとめています。

初心者におすすめのウクレレメーカー

【ロゴ画像付き】有名ウクレレブランド(メーカー)一覧!

 

YouTubeでご自身の愛用ウクレレを紹介してる!

キヨサクさんが愛用してるウクレレ調べるの、苦労するだろな~っと思っていたんだけど、キヨサクさんご自身がYouTubeでめっちゃくちゃわかりやすく紹介してくれていたので、すぐ調べることができました。笑

 

フジカオ
動画をはっておきますね(‘ω’)!!

 

 

②で紹介した
「MC-224」についての動画

 

 

①③④で紹介した
「SAP-MAN Series HK-PL」
「KUFTK-3cst 18G」
「HF-3Dデラックス」
についての動画

 

 

⑤で紹介した
「HM-T KIYOSA」についての動画

 

見てると、どのウクレレも欲しくなってしまいますよね…(ΦωΦ)怖!
以上、キヨサクさんが愛用されているウクレレについてのレポートでした!

 

 

まとめ|キヨサクさん愛用ウクレレは初心者さんにはちょっと高級すぎかもな話

ウクレレをまだ持っていない初心者さんだとちょっとわかりにくいかもしれないけれど、今回ご紹介したウクレレたちは、正直どれも「高級グレード」の枠に属するウクレレたちです。
使ってる材も、材の使い方もすごく贅沢(ΦωΦ)
なのでお値段がお高めです。

 

\ウクレレって色んな種類があるんです/

【実は膨大】ウクレレの種類をざっくり分け!《違いを解説》

 

初心者さんの最初の1本には、
もっともっとリーズナブルで魅力的なウクレレもたっくさんあるので、まずは「ちゃんとハマるまで」はここまで高いウクレレじゃなくていいと個人的に思っています(‘ω’)!!
初心者さんにおすすめできるラインのウクレレについては、こちらのページにまとめているのでよければチェックしてみてください。

 

\初心者さんにおすすめできるウクレレたち/

【迷った人向け】ウクレレ初心者セットおすすめTOP5(予算別)

 

 

では今回はココまで!
キヨサクさんのアルバム聞いてほっこりしよーっと(‘ω’)♪

ウクレレジブシーの画像

 

フジカオ
今日もお風呂で熱唱やな…(ΦωΦ)笑