次回から「ウクレレノトリコ」と検索してね!

【ウクレレの選び方】この3点に気を付けて選ぼう!

ウクレレの選び方解説
初心者さん
ウクレレが欲しいんだけど、色々ありすぎてどうやって選んだらいいかわからないなぁ…

 

  • 値段もピンキリ
  • サイズも色々ある
  • 木の種類も違うなぁ

 

どうやって選んだらいいん?汗

 

今回はこんな風に何を基準にウクレレを選んだらいいのかわからない…とお悩み中の初心者さんに、失敗しないウクレレの選び方と初心者さんにおすすめできるウクレレ情報をまとめました。す。

フジカオ

おすすめウクレレを先に知りたいという方はこちらを先にどうぞ!
初心者さんにおすすめのウクレレまとめ

 

 

【ウクレレの選び方】重要ポイントは3つ

星

1本目のウクレレを選ぶとき、下記の3つのポイントに気を付けてウクレレを選ぶとウクレレ選びに「失敗したぁ~~」となる確率を減らせます。

 

この3点に注意してウクレレ選ぼう!
  1. 最低でも1万円以上のウクレレを選ぶ
  2. ギアペグタイプのウクレレを選ぶ
  3. 見た目が好みのウクレレを選ぶ
    (直観を大事に!)
フジカオ
友達に相談されたときもリアルにこのまま伝えています✨

 

 

重要ポイント①最低でも1万円以上のウクレレを選ぶ

安すぎず高すぎないウクレレ

ネットでウクレレを調べていると1万円以下の値段で色んなウクレレがおいていて、つい安いウクレレに飛びつきそう…という人も少なくないと思います(気持ち…わかります笑)

 

でも!!
1万円以下のウクレレはできるだけ選ばず、最低でも1万円以上のウクレレを選ぶようにして欲しい…というのが本音です。

初心者さん
何で安いウクレレはダメなの?

 

1万円以下のウクレレはデメリット要素が多い

1万円以下のウクレレは(全部が全部そうじゃないけど)デメリット要素が多いんです。

 

激安ウクレレのデメリット要素
  1. 弾きにくい
  2. 指が痛くなりやすい
  3. 音色が微妙
  4. ピッチ(音程)が不安定
  5. 楽器というよりオモチャ

 

安さこそ魅力的だけど「弾きにくい」っていうのは中々のストレスで、ウクレレを楽しめなかったり挫折する要因になってしまいがちなので、おすすめできません💦

 

フジカオ
安いウクレレは弦が指に引っかかりやすかったり、色んな所がとがってて手に当たって痛かったりするんです;:弾きにくさは顕著にでます。

 

  • インテリア用に!
  • 子供用にとりあえず!
  • 安さを最優先にしてる!

 

という人ならまだしも…
そうじゃない場合はできるだけ1万円以上のウクレレを選ぶようにしてください!それだけで、ウクレレ選びで失敗する確率はグーンッと減らせます。

 

初心者さん
ふむふむ。
1万円以上のウクレレを選んでおけば大きな失敗はナシってことね!

 

1万円以上は厳しい…という人は

予算的に「1万円以上は厳しいなぁ…」という人はウクレレ初心者さんにおすすめの初心者セット3選!で紹介しているAriaの「AU-1(価格6,000円くらい)」あたりのウクレレならまだなんとか楽器として成り立ってるのでおすすめです。

【迷った人向け】ウクレレ初心者セットおすすめTOP5(予算別)

 

 

重要ポイント②ギアペグタイプのウクレレを選ぶ

初心者にはギアペグがいい

初心者さんが1本目のウクレレを買うときは「ギアペグ」タイプのウクレレを選ぶのを推奨します。ペグというのはウクレレのこの部分のコトをさします。

 

\ココ!/

フジカオ
ペグはチューニング(音を合わせること)をするときに使う大事な部分!ウクレレを弾くたびに毎回触る大事な場所です✨

 

ギアペグタイプのウクレレをおすすめする理由は、チューニングがしやすいから!シンプルな理由だけど毎回触る所だからすごく重要です。

 

ペグにはざっくりこの2タイプがあります(本当はもうちょっとあるけど初心者向けじゃないので割愛!)

  1. ギアペグ
  2. ストレートペグ

 

①のギアペグタイプのウクレレの方が②のストレートタイプのペグより圧倒的にチューニングがしやすい!です。ウクレレ初心者さんでストレートペグのウクレレを選ぶ人はかなり稀だし、2本目のウクレレを買う人でもチューニングをしやすい「ギアペグ」のウクレレを選ぶ人が多いので、初心者さんの最初の1本は「ギアペグ」のウクレレで間違いナシ。

 

初心者さん
「ギアペグタイプ」のウクレレを選ぶっ!と…

 

 

重要ポイント③見た目&音色がタイプのウクレレを選ぶ

見た目&音色がタイプのウクレレを選ぶ

失敗しないウクレレの選び方、重要ポイント③は「見た目や音色がタイプのウクレレを選ぶ」です。

 

ウクレレを見た目で選ぶって結構大事✨
見てテンションがあがる子(←ウクレレのこと)が部屋にあると自然と手がのびてウクレレを練習しだすので、飽きたり挫折したりする確率が減らせるんです。(←コレホント!)

フジカオ
ウクレレは触ってなんぼ!

 

 

(おまけ)こだわりがないなら「ソプラノサイズ」のウクレレを選ぼう!

初心者さんはソプラノサイズから

最後にオマケです。
これは「絶対守ってね!」ではないけれど、個人的に最初のウクレレは女性でも男性でもソプラノサイズのウクレレからスタートするのをおすすめしています。理由は5つ。

 

ソプラノサイズをおすすめできる理由✨
  1. 価格が比較的リーズナブル
  2. 初心者でも弾きやすい
  3. ウクレレらしい音色を楽しめる
  4. サッと手にとりやすい
  5. 2本目にコンサート、テナーとサイズアップしたときもストレスを感じにくい

ソプラノサイズのウクレレはサイズが小さい分お値段もリーズナブル。
そしてウクレレらしい音色を楽しめるっというのもソプラノをおすすめできる大きな理由です。

フジカオ
もちろんワタシもソプラノサイズからのスタート✨

 

「ソプラノからがおすすめかも…」
についてはプロウクレレプレイヤーの鈴木智貴さんもおっしゃっていました。

 

意見が同じだったので
なんだかそれだけで嬉しい…笑

 

 

以上!
ウクレレ選びの際にちょっと意識してほしい3点のご紹介でした。

 

失敗しないウクレレの選び方まとめ!
  1. 最低でも1万円以上のウクレレを選ぶ
  2. ギアペグタイプのウクレレを選ぶ
  3. 見た目が好みのウクレレを選ぶ
    (直観を大事に!)

ネットショップなどでウクレレを探すときも、この3つの基準を参考に選んでみてください。そうすることで「失敗した~💦」となる確率が減らせると思いまっす(‘ω’)!!

 

初心者さんに人気のウクレレ

ウクレレ初心者さんに人気のモデルをご紹介しておきます。何本かおすすめできるウクレレはあるんだけど、ここではとりあえず王道の1本を(‘ω’)✨

 

\おすすめはFamousのFS-1G/

音色などのチェックはコチラ

 

ウクレレ歴約4年のワタシの個人的な意見だけど最初の1本は安心の国産ウクレレである「Famous」のウクレレがおすすめです。
中でもこのFS-1Gというモデルはどんな曲にもあうマホガニーという木材を使っているのですごくおすすめできます。

 

フジカオ
「初心者さんの定番!」って言っても過言じゃないくらい有名で、販売実績のある超ロングセラーウクレレです。なので安心して全力でおすすめすることができます✨

 

このFamous「FS-1G」のウクレレについてはコチラのページで思いっきりレビューしているので気になる方は除いてみてください。

FamousFS-1GUKEREVIEW

【徹底レビュー】Famous「FS-1G」の評判の高さは本物?

 

 

 

ではここからは!
「選び方の軸」を絞ってウクレレを
選びたい人に向けて解説していきます。

 

たとえば…

初心者さん
自分にピッタリなウクレレのサイズはどれなんだろ?サイズの選び方が知りたい!
初心者さん
どのメーカーのウクレレを選んだ失敗しないかな?初心者に人気のメーカーって?
初心者さん
子供用のウクレレってどう選んだらいいのかな?

 

ウクレレを選ぶ際、こういった要素を軸に選んでいく人もいると思うので「軸別にウクレレの選び方」を解説していきます。

 

何軸でウクレレを選ぶ?
  1. 値段を軸に選ぶ
  2. メーカーを軸に選ぶ
  3. サイズを軸に選ぶ
  4. 形を軸に選ぶ
  5. 木材を軸に選ぶ
  6. 子供用にウクレレを選ぶ
フジカオ
気になる項目をみてみてね!

 

 

ウクレレの選び方①値段で選ぶ

初心者さん
初めてのウクレレってどれくらいの値段のウクレレを選んだらいいの?相場とかある…?

 

相場はだいたい1万円~6万円くらいの印象。
ただ値段については人それぞれ予算が違うので一概には言えないけれど、最初の方でも解説したように最低でも1万円以上のウクレレを選んでおけば失敗がないのでおすすめです。

 

あわせて読んでおこう!
1本目のウクレレの相場や、値段の違いで何がどう違うのか?についてはコチラにまとめています。

【解決】ウクレレの値段の違い&1本目の相場はどれくらい?

 

 

 

ウクレレの選び方②メーカーで選ぶ

初心者さん
ウクレレ初心者におすすめのウクレレメーカーってあるのかな?どのブランド(メーカー)のウクレレを選んだら失敗しない…?

 

ウクレレについてまだ右も左もわからない初心者さんはブランドやメーカーさんにこだわる必要ナシってのが本音。それよりも「値段」や「弾きやすさ」などで選ぶ方が大事!

 

とはいえ(ΦωΦ)!!
最初の1本におすすめのウクレレブランドが気になる人もいると思うので、しいて言うならやっぱり「Famous」のウクレレ。

フジカオ
国産ウクレレなので作りが丁寧で音色も抜群です。

 

あわせて読んでおこう!
有名どころのウクレレメーカー、初心者さんに人気のウクレレメーカーについてまとめています。

ウクレレメーカー(ブランド)一覧

【ロゴ画像付き】有名ウクレレブランド(メーカー)一覧!

 

 

ウクレレの選び方③サイズで選ぶ

初心者さん
色んなサイズがあって迷う…。自分にピッタリなサイズのウクレレを選びたいんだけど…

 

ワタシ個人的には冒頭でもお話したように、初心者さんの場合、強いこだわりがなければ定番の「ソプラノサイズ」のウクレレからでいいと思ってます。

 

とはいえ、自分にはどのサイズのウクレレがピッタリか、選び方の目安みたいなのが知っておきたい!という方もいると思うので、こちらの表を参考にしてもらればと思います。

 

自分にあったウクレレサイズの選び方《目安表》

サイズ おすすめ層
ソプラノ
  • ウククレレらしい音色を楽しみたい人
  • とりあえずウクレレ始めてみよっかなって人
  • 予算をそんなにかけられない人
  • ギター経験者とかではない人
  • 手の小さい女性・子供
コンサート
  • 幅広い音域で演奏を楽しみたい人
  • ギター経験のある女性で
    ウクレレらしい音色は特に求めてない人
  • 手が大きくてウクレレらしい音色を特に求めていない男性
テナー
  • 初心者さんにはおすすめしません
  • ある程度ウクレレの経験がある人
  • とにかく手がでかい!という人
  • ギターの経験がある人
  • 最初から高額出せる人

 

※ピッコロサイズ(めちゃくちゃ小さいウクレレ)バリトンサイズ(めちゃくちゃ大きいウクレレ)などのウクレレは、初心者さんが選ぶ最初の1本目のウクレレとしておすすめできないので省いています。 

 

こんな人はソプラノウクレレがおすすめ

ソプラノサイズのウクレレ画像
ソプラノがおすすめな人
  1. 手の小さい子供や女性
  2. ギター経験者とかではない人
  3. 予算をそんなにかけられない人
  4. ウククレレらしい音色を楽しみたい人
  5. とりあえずウクレレ始めてみよっかなって人

こういうタイプの人はソプラノサイズで間違いナシです。

フジカオ
これぞウクレレ!というウクレレのド定番みたいなのが欲しい初心者さんは、ソプラノサイズのウクレレを選びましょう✨

 

①手の小さい子供や女性にソプラノは最適!

子供さん用のウクレレを探している人や、手の小さい女性は絶対最初はソプラノサイズです。子供や女性は「握力」も弱いので、コンサートやテナーを選ぶとうまく押さえれなくて苦戦します(ΦωΦ)

フジカオ
まずはソプラノで慣れてからサイズアップしていく流れが一般的です✨

 

②ギター経験者とかではない人にソプラノは最適!

男女問わずギターなどの経験がない人はソプラノサイズのウクレレでOK!ソプラノサイズのウクレレは、コードが押さえやすいし、ボディのサイズも小さいので扱いやすいというメリットがあります。

 

逆に!
ギター経験者さんの場合(とくに男性)ソプラノサイズのウクレレは「小さすぎて」弾きにくさを感じる人もいるので、コンサートサイズのウクレレも視野に入れたほうがGOODです。

 

③予算をそんなにかけられない人にソプラノは最適!

ウクレレにまだそんなに予算をかけられない人も、ソプラノサイズのウクレレがおすすめです。理由はソプラノサイズのウクレレにはリーズナブルなウクレレがたっくさんあるから✨

 

 

④ウククレレらしい音色を楽しみたい人にソプラノは最適!

ウクレレらしい、あのコロッとカリッとしたハワイをイメージさせる明るい心地いい音色は、ソプラノサイズのウクレレの音色です。ウクレレらしい音色を楽しみたくてウクレレを始めようと検討中の人は、男女関係なく(手の大きさや、身長なども)一切気にせずソプラノサイズのウクレレを選んで間違いなし✨

 

⑤とりあえずやってみようの人にソプラノは最適!

何気なーく、なんとなーくウクレレをやってみようかな?という初心者さんも、ソプラノサイズのウクレレでいいと思います。こちらも男女とわず。

 

ソプラノサイズのウクレレは、コンサートサイズやテナーサイズのウクレレと違って、初心者さん向けのウクレレがたくさんあって、しかも価格がリーズナブルなものが多いので、なんとなくやってみないな…な初心者さんにも金銭的なリスクが少なくて最適なのであります✨

 

 

 

こんな人はコンサートサイズのウクレレがおすすめ

コンサートサイズのウクレレ画像
コンサートサイズのウクレレがおすすめな人
  1. 幅広い音域で演奏を楽しみたい人
  2. ギター経験のある女性でウクレレらしい音色は特に求めてない人
  3. 手が大きくてウクレレらしい音色を特に求めていない男性

コンサートサイズのウクレレは、ウクレレらしい明るいあの音色を求める!っという人より「幅広い演奏をしたい」とか「ギターを挫折してウクレレに…」などちょっとこだわりや訳アリの人におすすめできるかなと思います(‘ω’)

 

①幅広い音域で演奏を楽しみたい人にコンサートは最適!

ソプラノサイズのウクレレに比べて、コンサートサイズのウクレレは「フレット数」が増えるので単純に音域が増えます(ピアノで例えると鍵盤が増える、多いってイメージ!)

 

なので!
弾き語りよりは、ソロ弾きなどをメインにウクレレをやってみたい、幅広い音域で演奏していきたいという人には男女問わずコンサートサイズのウクレレがあってると思います。

 

②ギター経験のある女性でウクレレらしい音色はそれほど求めてない人にコンサートは最適!

ギター経験のある女性でウクレレらしい明るくコロッとした音色をそれほど求めてない人にもコンサートサイズのウクレレはおすすめです。

 

ギター経験者の場合ソプラノサイズのウクレレだと小さすぎて、逆に扱いにくいと感じる人が多いのと、ウクレレらしいあの明るい音色を求めていないのであれば、おそらく音域の広いコンサートの方が楽しめると思うからです✨

 

 

③手が大きい男性でウクレレらしい音色に特にこだわりがない人はコンサートが最適!

手の大きい男性で、ウクレレらしい音色を特に求めてない!という人もコンサートサイズのウクレレでいいと思います。単純に手の大きい男性だソプラノサイズのウクレレは「弾きにくい」と感じる人もいるからです。

 

ウクレレらしい音色を特別求めていないのなら、コンサートサイズの方が弾きやすくてストレスがないと思います(‘ω’)THEウクレレ!の音色を求めているなら、男性でもソプラノウクレレを演奏してる人はたくさんいるので、ソプラノの方がおすすめです✨

 

こんな人はテナーサイズのウクレレがおすすめ

テナーサイズのウクレレがおすすめな人
  1. ある程度ウクレレの経験がある人
  2. 超クリアな音色を求める人

テナーサイズのウクレレは、ウクレレ初心者さんの最初の1本目のウクレレには全力でおすすめできません!最初の1本目にテナーを選ぶのはかなり稀(ΦωΦ)笑!!
しいて言うなら…こういったタイプの人におすすめです。

 

①ある程度ウクレレの経験がある人にテナーは最適!

テナーサイズのウクレレは、ある程度ウクレレの経験がある人が、2本目3本目に選ぶサイズのウクレレなので、ウクレレ初心者さんの1本目には不向きなので気を付けて(ΦωΦ)

 

初心者さんに不向きの理由は…
コンサートサイズでもそこそこフレットの幅や弦のテンションのはりがきついのに、テナーとなるとさらに幅もテンションもUPします。

 

=弦を押さえる力がより一層いる!
=難しいし、指も手も痛い!
挫折しやすい!!

 

ということ(‘ω’)
テナーはウクレレにちゃんとはまった人が「よし!勝負ウクレレ買うぞ!」みたいな勢いで選ぶサイズだと思うので、初心者さんはうかつに手を出さない方が無難です。

 

②超クリアな音色を求める人にはテナーが最適!

テナーサイズのウクレレは、ソプラノやコンサートサイズのウクレレに比べて音色がクリアです。ピッチ(音程)の安定もピカイチなので(ウクレレのグレードにもよるけど)とにかくクリアな音色でウクレレを楽しんでみたい…という思いが強いならテナーサイズが最適ですね✨

 

あわせて読んでおこう!
サイズごとの特徴・音色の違いなどについてはコチラのページで詳しく解説しています。

【ウクレレのサイズ別特徴まとめ】音の違い&大きさも徹底比較!

 

 

 

ウクレレの選び方④形で選ぶ

初心者さん
ウクレレってさ、パイナップル型とひょうたん型があるみたいなんだけどどっちの形がいいの?

 

 

ウクレレには①ひょうたん型②パイナップル型があります(もっと特殊な形のもあるけど最初の1本には向かないので割愛!)

 

形については好みの方でいいと思うよ!と友達にはアドバイスしているけど、パイナップル型の方は本数が少ないので個人的にはスタンダードなひょうたんが型がおすすめです。

 

ウクレレの選び方⑤木材で選ぶ

初心者さん
最初に買うウクレレって、どの木を使ったウクレレの方がいいとかある?木によってなにが違うのかも知りたいな…

 

初心者さんはウクレレに使われてる「木」で音色がどう違うか?などが判断しにくいと思うので、木材で絞る方は少ない気もするけれど、最初の1本は「コア」か「マホガニー」を使ったウクレレがいいんじゃないかなっと個人的には思っています。

 

 

ウクレレの選び方⑥子供用のウクレレの選び方

子供用にウクレレを選ぶときは「ソプラノサイズのウクレレを選んであげる!」
ここだけ外していなければ失敗することはないです(‘ω’)✨

フジカオ
大人の手でも押さえるのに苦労するコンサートサイズやテナーサイズのウクレレを最初から選ぶのはかなりかわいそう…笑

 

あとは…

 

  • 弦が柔らかめで弾きやすいウクレレ
  • 見た目がかわいいウクレレ

 

などのウクレレを選んであげると、お子さんのモチベーションがあがっていいかな✨と思います。

 

以上!
「値段」「メーカー」「サイズ」「形」「木材」などを軸に、ウクレレを選びたいときの選び方についての解説でした。

 

 

【おまけ】ウクレレを始めるに必要なもの

これからウクレレを始める!
という初心者さんの中には、もしかするとウクレレだけあればいいんでしょ?と思っている方もいるかもしれないので、ウクレレを始めるにあたって最低限必要なものを最後にご紹介しておきたいと思います。

 

ウクレレを始めるのに最低限必要なもの
  1. ウクレレ(←当たり前w)
  2. チューナー
  3. ウクレレ教本
  4. カポ

 

ウクレレの練習をスムーズに始めるためには、ウクレレ本体以外に最低限これらのアイテムが必要となります。

フジカオ
逆にこれらがないとウクレレを弾けないのでご注意おば!!

 

あれもこれも自分で選んでそろえるのが面倒くさい…っという人はウクレレ初心者セットという全部揃えてくれてるセットがあるので、セット買いするのも視野に入れてみるのもいいかと思います✨

 

 

 

 

【まとめ】最初のウクレレはこう選ぼう!

では!
このページでお伝えしてきた「ウクレレの選び方」についてまとめをします。ウクレレ選びに失敗しないための大事なポイントはこの3点が軸です。

 

この3点に注意してウクレレ選ぼう!
  1. 最低でも1万円以上のウクレレを選ぶ
  2. ギアペグタイプのウクレレを選ぶ
  3. 見た目が好みのウクレレを選ぶ
    (直観を大事に!)

これを踏まえた上で、
自分の予算内でウクレレを選んでみてください(‘ω’)
この3点のポイントを満たしつつ、予算別におすすめできるウクレレをまとめておわります。

 

【迷った人向け】ウクレレ初心者セットおすすめTOP5(予算別)

 

フジカオ
どのウクレレも初心者さんにおすすめできるウクレレです✨

 

参考になれば嬉しいな~
ではではー(‘ω’)