次回から「ウクレレノトリコ」と検索してね!

【後悔しないウクレレの選び方】最初の1本はこう選ぼう!

ウクレレの選び方解説
初心者さん
ウクレレが欲しいんだけど、色々ありすぎて悩む。どうやって選んだらいい?初心者におすすめのウクレレも知りたいな!

 

今回はこれからウクレレを始めよう!と検討中の初心者さんに、失敗しないウクレレの選び方と初心者さんにおすすめできるウクレレ情報をまとめました。

フジカオ

おすすめウクレレを先に知りたいという方はこちらを先にどうぞ。
初心者さんにおすすめのウクレレまとめ

 

1本目のウクレレ選びで
大事なポイントは3つです

 

ウクレレの選び方|重要ポイントは3つ

星

1本目のウクレレを選ぶとき、下記の3つのポイントに気を付けてウクレレを選ぶとウクレレ選びに「失敗したぁ~~」となる確率を減らせます。

 

ウクレレ選びのポイント3つ
  1. 最低でも1万円以上のウクレレを選ぶ
  2. ギアペグタイプのウクレレを選ぶ
  3. 見た目が好みのウクレレを選ぶ
    (直観を大事に!)
フジカオ
この3点です。

 

 

選び方①最低でも1万円以上のウクレレを選ぼう

安すぎず高すぎないウクレレ

まず最初に!
1本目のウクレレを選ぶときは1万円~6万円程度のウクレレを選ぶことをおすすめします。理由は、この価格帯のウクレレを選んでおけば「きちんとしたウクレレ」を手に入れることができるからです。

 

安すぎるウクレレはNG

ネットでウクレレを調べていると1万円以下の値段で色んなウクレレがおいていて、つい安さに心を奪われてしまう人も多いと思います。(気持ちはすごくわかる!)

 

でも!
1万円以下の安すぎるウクレレは、ウクレレというよりも「おもちゃ」に近いものが多いのでおすすめできません。安すぎるウクレレはデメリットが多いんです。

 

安すぎるウクレレのデメリット
  1. 弾きにくい
  2. 指が痛くなりやすい
  3. 音色が微妙
  4. ピッチ(音程)が不安定

 

もしアナタが

  • それでもいいから安いのでいい
  • 子供用にとりあえずだから安いのでいい
  • インテリア用に買うから安いのでいい

 

 

というのであれば安いウクレレを選んで全然OKですが、そうじゃなくてきちんとウクレレを弾いて楽しみたい!というのであれば最低でも1万円以上のウクレレを選んでほしいと思います。

 

 

高すぎる(高スペックすぎる)ウクレレもおすすめしません

また、最初からウン十万円するような高スペック過ぎるウクレレを選ぶのもおすすめはしていません。理由は万が一ウクレレにハマらなかった時の金銭的リスクが大きくなってしまうからです。

フジカオ
予算がたっぷりある方は別ですけどね!(うらやましい…笑)

 

 

1万円以上は厳しい…けどウクレレを始めたいという人は

1万円~6万円程度のウクレレを選んだほうがいいのは分かった!
でも…予算的に「1万円以上は厳しいなぁ…」という人は初心者さんにおすすめのウクレレ初心者セット3選で紹介しているAriaの「AU-1(価格6,000円くらい)」あたりのウクレレならまだなんとか楽器として成り立ってるのでおすすめです。

 

 

選び方②ギアペグタイプのウクレレを選ぼう

初心者にはギアペグがいい

次に、最初のウクレレを選ぶときは「ギアペグ」タイプのウクレレを選ぶのを推奨します。ギアペグタイプのウクレレをおすすめする理由は、チューニングがしやすいからです。

 

ペグというのは
ウクレレのこの部分のコトを言います。

 

\ココ!/

フジカオ
ペグはチューニング(音を合わせること)をするときに使う大事な部分!ウクレレを弾くたびに毎回触る大事な場所です。

 

「チューニングがしやすい」
というシンプルな理由だけど、毎回触る部分なのですごく重要なので選ぶときは注意してみてくださいね✨

 

ペグにはざっくり2種類ある

ペグにはざっくり分けて2タイプあります。
(本当はもうちょっと種類があるけど初心者さん向けじゃないので割愛!)

 

 

  1. ギアペグ
  2. ストレートペグ

 

左がギアペグタイプウクレレです。
右のストレートタイプのペグがついたウクレレより圧倒的にチューニングがしやすいです。

 

ウクレレ初心者さんで②のストレートペグのウクレレを選ぶ人はかなり稀だし、2本目のウクレレを買う人でもチューニングをしやすい「ギアペグ」のウクレレを選ぶ人が多いので、初心者さんの最初の1本は「ギアペグ」のウクレレで間違いナシ。

 

 

選び方③見た目&音色がタイプのウクレレを選ぼう

見た目&音色がタイプのウクレレを選ぶ

ウクレレ選びで大事なポイントの3つが「見た目や音色がタイプのウクレレを選ぼう」です。

初心者さん
そんな単純な理由で選んじゃっていいの?

 

と心配される方もいるかもしれませんが、ウクレレを見た目で選ぶって結構大事なのです(‘ω’)

 

気に入ったウクレレならモチベーションもUP

見てテンションがあがるウクレレを選んでおくと、そのウクレレを見るたびに自然と手がのびてウクレレを練習しだすといういい循環が生まれやすくなります!
そして飽きたり挫折したりする確率が減らせるんです。(←コレホント!)

 

なので見た目で「あ、コレ好き!」
となったウクレレは縁があると思って1本目の候補に入れてみてください。

フジカオ
そしてそのウクレレを①安すぎず高すぎないか?②ギアペグタイプなのか?でジャッジしてみてください✨

 

 

選び方④【おまけ】最初はソプラノサイズのウクレレがおすすめ

初心者さんはソプラノサイズから

ウクレレの選び方のちょっとしたオマケです。
これは「絶対守ってね!」ではないけれど、個人的に最初のウクレレは女性でも男性でもソプラノサイズのウクレレからスタートするのをおすすめしています。

 

フジカオ
理由は4つあります。

 

ソプラノサイズをおすすめする理由
  1. 価格が比較的リーズナブルだから
  2. 初心者でも弾きやすいから
  3. ウクレレらしい音色を楽しめるから
  4. 2本目にコンサート、テナーとサイズアップしたときもストレスを感じにくいから

初心者さんにこういったメリットがあるので、ソプラノサイズのウクレレからスタートするのがおすすめできるのであります(‘ω’)

フジカオ
ワタシもソプラノサイズからスタートしました✨

 

ソプラノサイズからがおすすめ説!はプロの方ご意見でもあります

こちらの動画を配信されているのは、プロのウクレレプレイヤー「鈴木智樹」さんです。鈴木さんも、初心者さんお最初の1本はソプラノサイズからがおすすめ!とおっしゃっていました。

 

 

 

意見が同じだったので
なんだかそれだけで嬉しい…笑

 

ウクレレ選びのポイント3つ
  1. 最低でも1万円以上のウクレレを選ぶ
  2. ギアペグタイプのウクレレを選ぶ
  3. 見た目が好みのウクレレを選ぶ
    (直観を大事に!)
  4. できればソプラノサイズのウクレレを選ぶ

 

以上!
ウクレレ選びの際にちょっと意識してほしい3点(とオマケ1点)の解説でした。

フジカオ
ネットショップなどでウクレレを探すときも、この3つの基準を参考に選んでみてください。そうすることで「失敗した~💦」となる確率が減らせると思いまっす。

 

 

 

初心者さんにおすすめのウクレレ

では!
以上のポイントを踏まえた上で、ウクレレ初心者さんにおすすめできるウクレレをご紹介しておきます。おすすめできるウクレレは何本かありますが、当ブログではこのウクレレを最初の1本に超おすすめしています✨

 

最初の1本に最適
\FamousのFS-1G/

音色などのチェックはコチラ

 

ウクレレ歴5年目に突入したワタシの個人的な意見にはなりますが、最初の1本は安心の国産ウクレレである「Famous」のウクレレがおすすめです!

中でもこのFS-1Gというモデルはどんな曲にもあうマホガニーという木材を使っていたり、フレット数も15Fまであるので音域も広い(=幅広い曲の演奏を楽しめる)のですごくおすすめできるのであります(‘ω’)

 

FS-1G15フレット

 

15フレットまであるウクレレを選んでおくと、音域が十分なので色んな曲が楽しめます。

 

 

FS-1Gは実績ある超ロングセラーなウクレレ

FS-1Gシンプル

このFS-1Gというウクレレは、どこのウクレレ屋さんに行ってもかなり高い確率でお取り扱いのあるウクレレです。それだけ人気があって売れてるってことです✨

フジカオ
「初心者さんに定番のウクレレ」って言っても過言じゃないくらい有名なウクレレです。

 

このFamous「FS-1G」のウクレレについては、コチラのページで思いっきりレビューしているので気になる方は除いてみてください。

FamousFS-1GUKEREVIEW

 

 

 

ではここからは!
「選び方の軸」を絞ってウクレレを
選びたい人に向けて解説していきます。

 

たとえば…

初心者さん
自分にピッタリなウクレレのサイズはどれなんだろ?
初心者さん
どのメーカーのウクレレを選んだら失敗しないかな?
初心者さん
子供用のウクレレってどう選んだらいいのかな?

 

ウクレレを選ぶ際、こういった要素を軸に選んでいく人もいると思うので「軸別にウクレレの選び方」を解説していきます。

 

何を軸にウクレレを選びますか?
  1. サイズを軸に選ぶ
  2. メーカーを軸に選ぶ
  3. 木材を軸に選ぶ
  4. 子供用にウクレレを選ぶ

 

フジカオ
気になる項目をみてみてね!

 

 

①ウクレレをサイズで選びたい

初心者さん
ウクレレには色んなサイズがあるみたいだけど、どのサイズが自分にピッタリなのかな?それぞれのサイズの特徴も知りたい!

 

  1. ソプラノ
  2. コンサート
  3. テナー

 

どのサイズが自分にピッタリなんだろ?
とサイズでお悩みの方もいると思いますが、冒頭でお話したように最初は「ソプラノサイズ」のウクレレからスタートするのをおすすめしてますし、③のテナーサイズのウクレレは1本目におすすめしていません。

 

各サイズのウクレレの特徴や、アナタにピッタリなウクレレのサイズの見分け方についてはコチラのページで解説しているので、よければ参考にしてみてください。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

 

 

②メーカーでウクレレを選びたい

初心者さん
ウクレレ初心者におすすめのウクレレメーカーってあるのかな?どのブランド(メーカー)のウクレレを選んだら失敗しない…?

 

失敗したくないなら「Famous」のウクレレがおすすめです。
でも、正直、ウクレレについてまだ右も左もわからない初心者さんの場合、ブランドやメーカーにこだわる必要はないかなっというのが本音です。それよりも「値段」や「弾きやすさ」などを重要視して選ぶ方が大事!

 

 

③ウクレレを木材で選びたい

初心者さん
最初の1本目のウクレレって、どの木を使ったウクレレの方がいいのかな?

 

初心者さんの最初の1本目のウクレレとしておすすめしているので「マホガニー」を使って作られたウクレレです。理由はお値段も比較的リーズナブルで、どんな曲にも合うからです。

 

マホガニーを使って作られたウクレレの特徴や、ほかの木材でつくられたウクレレの特徴についてはコチラのページを読んでみてください。

ウクレレの木の違い

 

 

 

④子供用のウクレレの選び方

初心者さん
子供用のウクレレを探してるんだけど、どんなウクレレがいいのかな?

 

お子様用にウクレレを選ぶときは、とにかくサイズに気を付けてあげて欲しいなと思います。推奨するのは持ちやすくて弾きやすい「ソプラノ」サイズのウクレレですね!

フジカオ
大人の手でも押さえるのに苦労するコンサートサイズやテナーサイズのウクレレは最初の1本目に選んであげないように気を付けて欲しいです!

 

 

子供用ウクレレの選び方や、おすすめのウクレレについてはコチラのページをどうぞ!

 

 

【おまけ】ウクレレを始めるに必要なもの

これからウクレレを始める!
という初心者さんの中には、もしかするとウクレレだけあればいいんでしょ?と思っている方もいるかもしれないので、ウクレレを始めるにあたって最低限必要なものを最後にご紹介しておきたいと思います。

 

ウクレレを始めるのに絶対必要なもの
  1. ウクレレ
  2. チューナー
  3. ウクレレ教本

 

ウクレレの練習をスムーズに始めるためには、ウクレレ本体以外に最低限これらのアイテムが必要となります。

フジカオ
逆にこれらがないとウクレレを弾けないのでご注意おば!!

 

あれもこれも自分で選んでそろえるのが面倒くさい…っという人はウクレレ初心者セットを購入しておくと、必要なものが全部そろっているので便利です。

▼おすすめできる初心者セットについてはコチラをどうぞ。

 

 

【まとめ】「ちゃんとしたウクレレ」を選んでウクレレライフをスタートしよう!

ではまとめます。
このページでお伝えしてきた「ウクレレの選び方」を最後にもう一度。

 

ウクレレ選びで大事な3点
  1. 最低でも1万円以上のウクレレを選ぶ
  2. ギアペグタイプのウクレレを選ぶ
  3. 見た目が好みのウクレレを選ぶ
    (直観を大事に!)

 

これを踏まえた上でウクレレを選ぶと、ウクレレ選びに失敗することはないので、ウクレレを買う前の参考にしてみてください(‘ω’)✨

 

初心者さんにおすすめできるウクレレについては、こちらのページにまとめています。