次回から「ウクレレノトリコ」と検索してね!

【後悔しないウクレレの選び方】最初の1本はこう選ぼう!

ウクレレの選び方解説
初心者さん
ウクレレが欲しいんだけど、色々ありすぎて悩む。失敗したくないから選び方のポイントを知っておきたい!

 

今回はこういったお悩みを解決していきます。失敗しないウクレレの選び方、最初の1本におすすめのウクレレについて知りたかった方は最後までご覧くださいませ(‘ω’)

 

\CHECK/
先におすすめウクレレを知りたい方はコチラをどうぞ!

おすすめのウクレレはコチラ

 

 

失敗しないウクレレの選び方|重要ポイントは3つ!

星

1本目のウクレレを選ぶとき、選び方のポイントは3つあります。

ウクレレ選びのポイント3つ
  1. 最低でも1万円以上のウクレレを選ぶ
  2. ギアペグタイプのウクレレを選ぶ
  3. 見た目が好みのウクレレを選ぶ
    (直観を大事に!)

 

フジカオ
ホントは他にも色々あるけど、とりあえずこの3点を外していなければ大丈夫!

 

 

ウクレレの選び方①最低でも1万円以上のウクレレを選ぶ

安すぎず高すぎないウクレレ

まず最初に!
1本目のウクレレを選ぶときは1万円~6万円程度のウクレレを選ぶことをおすすめします。この価格帯のウクレレを選んでおけば「おもちゃではないウクレレ」を手に入れることができるからです。

 

安すぎるウクレレはNG!

ネットでウクレレを調べていると、1万円以下の値段で色んなウクレレがありますよね?つい安さに心を奪われてしまう人も多いと思います。(気持ちはすごくわかる!)

フジカオ
でもちょっとまった!

 

1万円以下の安すぎるウクレレは、ウクレレというよりも「おもちゃ」に近いものが多いのでおすすめできません。安すぎるウクレレは他にもデメリットが多いんです;:

 

格安ウクレレのデメリット
  1. 弾きにくい
  2. 指が痛くなりやすい
  3. 音色が微妙
  4. ピッチ(音程)が不安定
フジカオ
コレ、弾いていくとわかるんだけど、すんごいストレスになってきます💦

 

 

もしアナタが

 

初心者さん
それでもいいから安さ優先!
初心者さん
子供用にとりえずだからいいの!
初心者さん
インテリア用に買うから安いのでいい!

 

というのであれば全然OKです!
でもそうじゃなくてきちんとしたウクレレを弾いて楽しみたいというのであれば最低でも1万円以上のウクレレを選んでくださいね(‘ω’)

 

 

高すぎる(高スペックすぎる)ウクレレもNOTおすすめ!

安すぎるのもおすすめできないけれど、反対に高すぎるウクレレもおすすめしません。最初からウン十万円するような高スペック過ぎるウクレレを選んでも、万が一ウクレレにハマらなかった時、金銭的リスクが大きくなってしまいます。

フジカオ
予算がたっぷりある方は別ですけどね!(うらやましい…笑)

 

 

1万円以上は厳しい…けどウクレレを始めたいという人は

1万円~6万円程度のウクレレを選んだほうがいいのは分かった!

初心者さん
でも…予算的に1万円以上は厳しいなぁ。

 

という人は初心者さんにおすすめのウクレレ初心者セット5選!で、3番目に紹介しているAriaの「AU-1(価格6,000円くらい)」あたりのウクレレならまだなんとか楽器として成り立ってるのでおすすめです。

 

 

ウクレレの選び方②ギアペグタイプのウクレレを選ぶ

初心者にはギアペグがいい

次に、1本目のウクレレを選ぶときはギアペグタイプのウクレレを選ぶのを推奨します。ギアペグタイプのウクレレをおすすめする理由は、チューニングがしやすいからです。

フジカオ
コレもすごく大事!

 

ペグというのは
ウクレレのこの部分のコト↓

フジカオ
ペグはチューニング(音を合わせること)をするときに使う大事な部分!ウクレレを弾くたびに毎回触る大事な場所だよ✨

 

「チューニングがしやすい」
というシンプルな理由だけど、毎回触る部分なのですごく重要。
選ぶときは注意してみてください(‘ω’)

 

 

ウクレレの選び方③見た目&音色がタイプのウクレレを選ぶ

見た目&音色がタイプのウクレレを選ぶ

ウクレレ選びで大事なポイントの3つが「見た目や音色がタイプのウクレレを選ぼう」です。

初心者さん
そんな単純な理由で選んじゃっていいの?

 

と思う方もいるかもしれませんが、
ウクレレを見た目で選ぶって結構大事なのです(ΦωΦ)✨

 

 

気に入ったウクレレならモチベーションもUP!

自分好みのウクレレを選んでおくと、そのウクレレを見るたびに自然と手がのびて、ウクレレを練習する時間が「自然と増える」っといういい循環が生まれます!

 

そして飽きたり挫折したりする確率が減らせるんです。
(↑コレホント!)

 

なので見た目で「あ、コレ好き!」となったウクレレは縁があると思って、1本目の候補に入れてみてください。

フジカオ
ワクワクしちゃうウクレレに出会えたら…それはもう運命です!笑

 

 

ウクレレの選び方④【おまけ】最初はソプラノサイズのウクレレがおすすめ

初心者さんはソプラノサイズから

ウクレレの選び方のちょっとしたオマケです。
これは「絶対守ってね!」ではないけれど、個人的に最初のウクレレは女性でも男性でもソプラノサイズのウクレレからスタートするのをおすすめしています。

 

ソプラノサイズをおすすめする理由
  1. 価格が比較的リーズナブルだから
  2. 初心者でも弾きやすいから
  3. ウクレレらしい音色を楽しめるから
  4. 2本目にコンサート、テナーとサイズアップしたときもストレスを感じにくいから

こういったメリットがあるので、サイズについては特にこだわりないよ~という方は、まずソプラノサイズのウクレレから検討してみてくださいね(‘ω’)

おすすめのソプラノウクレレはコチラ

 

フジカオ
P.S
ワタシもソプラノサイズからスタートしました!

 

 

ソプラノサイズからがおすすめ!はプロの方ご意見でも多いです

こちらの動画は、プロのウクレレプレイヤー「鈴木智樹」さんのYouTube。鈴木さんも、初心者さんお最初の1本はソプラノサイズからがおすすめ!とおっしゃっていました。

 

 

 

1番ウクレレらしいコロコロっとした音色を楽しめるのもソプラノサイズのウクレレなので、まずはソプラノからスタートして欲しいな~と個人的にも思っています(‘ω’)✨

 

\おさらい/

ウクレレ選びのポイント3つ
  1. 最低でも1万円以上のウクレレを選ぶ
  2. ギアペグタイプのウクレレを選ぶ
  3. 見た目が好みのウクレレを選ぶ
    (直観を大事に!)

 

以上!
この3つが、最初のウクレレを選ぶときに、意識してほしい3点(とオマケ1点)です。ネットショップなどでウクレレを探すときも、この3つの基準を参考に選んでみてくださいね!

フジカオ
そうすることで「失敗した~💦」となる確率が減らせると思いまっす(‘ω’)

 

 

 

最初の1本におすすめのウクレレとは?

以上のポイントを踏まえた上で、初心者さんにおすすめできるウクレレをご紹介しておきます。おすすめできるウクレレは何本かありますが、当ブログではこのウクレレを最初の1本に特におすすめしています。

 

最初の1本に最適!
\FamousのFS-1G✨/

音色などのチェックはコチラ

 

ワタシの個人的な意見にはなりますが、最初の1本は安心の国産ウクレレである「Famous」のウクレレがおすすめです!

 

中でもこのFS-1Gというモデルはどんな曲にもあうマホガニーという木材を使っているし、フレット数も15Fまであるので音域も広い(=幅広い曲の演奏を楽しめる)のですごくおすすめできるんですよね!

 

FS-1G15フレット

 

安すぎるウクレレの殆どは12Fまでのものが多いんだけど、FS-1Gは15フレット!物足りなさを感じず長い間愛用することができます。

フジカオ
中級レベルになっても全然満足して使えるってのがいい✨

 

FS-1Gは超ロングセラーな人気ウクレレ

FS-1Gシンプル

このFS-1Gというウクレレは、どこのウクレレ屋さんに行ってもかなり高い確率でお取り扱いのあるウクレレです。それだけ人気があって売れてるってことです。

 

フジカオ
「初心者さんの定番のウクレレ」って言っても過言じゃないくらい有名なウクレレだよ(‘ω’)

 

このFamous「FS-1G」のウクレレと、わかりやすいウクレレ教本がセットになったものあるので気になる方はコチラも合わせてチェックしてみてくださいね!

FS-1Gと最強ウクレレ教本セットの詳細はコチラ

 

 

 

ウクレレの選び方でよくある質問

フジカオ
最初の1本目のウクレレを買う前に、よく聞かれる質問と答えをまとめました。

 

①1本目のウクレレはどんなブランドのウクレレが人気なの?

フジカオ
定番中の定番はやっぱりFamousです。

他にもKALAや、Aria、enyaなどのウクレレも初心者さん向けのウクレレとしてよくお店で見かけます。

 

\CHECK/

 

②最初の1本はどのサイズのウクレレを選ぶべき?

フジカオ
おすすめはソプラノサイズ!

ウクレレらしい音色を1番楽しめるサイズのウクレレだし、弦の張りの強さもそこまできつくないので初心者さんにはソプラノサイズのウクレレを全力でおすすめします!

 

③どれくらいの値段のウクレレを選ぶべき?

フジカオ
できれば最低1万円以上のウクレレを選んでほしいです。

 

こちらは上でご説明した通り!
安すぎるウクレレは音色も、弾きやすさもやっぱり劣ります。なので買う時期を1か月遅らせば1万円以上の予算が上乗せできるっという方はそうしてでも最低1万円以上のウクレレを選ぶようにしてくださいね!

 

④ウクレレの値段の違いってどこにどう影響するの?

フジカオ
色んな所にすごく違いがでます!

 

値段の差は、音色、弾きやすさにとくに大きく影響がでます!ウクレレは「木材」で作られているので希少価値の高い木材を使って作られているウクレレはそれだけでお値段がバーンとUPする場合もありますよ(‘ω’)

 

 

⑤ウクレレをネットで買っても大丈夫?

フジカオ
案外大丈夫!

ワタシもコンサートサイズのウクレレはAmazonで購入しました。梱包もしっかりされていたのでとくに問題はなかったです。ただ、ウン十万円もする高スペックなウクレレを購入する際は、保証などの件もあるのでネットで買うよりショップで直接購入されるのをおすすめします(‘ω’)

 

 

⑥子供用のウクレレってどう選んだらいい?

フジカオ
ソプラノサイズの弾きやすいウクレレをおすすめします!

お子様用にウクレレを選ぶときは、とにかくサイズに気を付けてあげて欲しいなと思います。推奨するのは持ちやすくて弾きやすい「ソプラノ」

 

大人の手でも押さえるのに苦労する、コンサートサイズやテナーサイズのウクレレは最初の1本目に選ぶのは個人的におすすめできません(__)子供用のウクレレとしておすすめできるウクレレなどについてはコチラのページで詳しく解説しています。

 

 

⑦ウクレレを始めるには他に何が必要?

フジカオ
チューナーと分かりやすいウクレレ教本があれば、とりあえずは何とかなります!

 

ウクレレを始めるのに最低限要なもの
  1. ウクレレ
  2. チューナー
  3. わかりやすいウクレレ教本

 

ウクレレの練習をスムーズに始めるためには、ウクレレ本体以外に最低限これらのアイテムを揃えておくのをおすすめします。

フジカオ
分かりやすい教本は、初心者さんは絶対1つは持っておいた方がいいです!

 

あれもこれも自分で選んでそろえるのが面倒くさい…っという人は初心者ウクレレセットを購入すると、必要なものが全部そろっているので便利ですよ(‘ω’)✨

 

おすすめできる初心者セットについてはコチラにまとめているのでご興味のある方はチェックしてみてください。

 

\CHECK/

 

 

 

【まとめ】初めてのウクレレはきちんと選んでスムーズにウクレレライフをスタートさせよう!

最初に手にするウクレレは、弾きやすいか?弾きにくいか?心がウキウキする音色かどうか?などで継続できるかが結構変わってきます(‘ω’)

 

最初の1本目のウクレレを選ぶときは、解説してきた通り、下記3つのポイントに気を付けて選んでみてくださいね!

 

ウクレレ選びで大事な3点
  1. 最低でも1万円以上のウクレレを選ぶ
  2. ギアペグタイプのウクレレを選ぶ
  3. 見た目が好みのウクレレを選ぶ
    (直観を大事に!)

 

これを踏まえた上でウクレレを選ぶと、ウクレレ選びに失敗することはないので、ウクレレを買う前の参考にしてみてください(‘ω’)✨

 

フジカオ
アナタにピッタリな相棒が見つかりますように^^

 

初心者さんにおすすめのウクレレについては、こちらのページにまとめています。

 

\NEXT/

 

 

 

 

 

 

ウクレレで弾き語り上達を目指す方向け★