次回から「ウクレレノトリコ」と検索してね!

【初心者さん向け】ウクレレの練習方法を7STEPで解説!

ウクレレ練習方法
初心者さん
ウクレレ始めたんだけど…どうやって練習していけばいいかわらない。どんな風に練習を進めていったらいいのか教えてー!

 

こういったご質問をよく頂くようになりました(ありがとうっ!)
っということで今回は、ワタシが実際にウクレレを練習してきた手順をまとめてみました!

フジカオ
ワタシのことを知らん!という方もいらっしゃると思うのですがこんな風に独学でウクレレを楽しんでいる人です(‘ω’)

 

 
フジカオ
独学だけど、こんな風にウクレレを楽しめてます✨
(楽しすぎて困る…!)

 

  • 何から練習したらいいの?
  • どんな手順で練習を進めていけばいいの?
  • 練習の際にあったら役立つものはある?

 

こういった疑問が解決できる内容になっているので、良ければ参考にしてみてください!

 

 

ウクレレ初心者さんおすすめの練習方法【7STEP】

ウクレレ買ったものの何から練習していいのやら…という初心者さんは、この7STEPで練習を進めてみてください(‘ω’)

 

その前に…!
これからウクレレの練習を始めるにあたり、分かりやすいウクレレ教本を1つ持っておくとすんごく重宝します。ワタシはこのウクレレ教本&DVDを思いっきり活用してました!

 

ではでは早速参りましょう!

 

フジカオ的!ウクレレ練習の進め方
  1. 簡単コードの練習をする
  2. 簡単コードで弾ける曲を弾き語りする
  3. ちょっと難しいコードを練習する
  4. ちょっと難しいコードが入った曲を弾き語りする
  5. 簡単なソロの曲を練習する
  6. ちょっと難易度の高いソロ&ジャカソロを練習をする
  7. 後はご自由に(‘ω’)
フジカオ
この流れで練習を進めていくとスムーズに&楽しくウクレレの練習を進めていけました!

 

STEP①簡単コードの練習をする

ではまずSTEP①です!
簡単なウクレレコードを押さえて弾く練習からスタートしていきましょう。

初心者さん
簡単なコードって?

 

まずは基本中の基本!
この6コードを覚えてくださいまし。

 

\超基本の6コード/

ウクレレコードC ウクレレG7 ウクレレF
コードG コードAm コードEm

 

ウクレレのコードは他にも山のようにありますが、まずはこの6つのコードでOK!
これらのコードを押さえてダウンストローク、アップストロークをして音を鳴らしてみましょう(‘ω’)✨

弦を上から下に鳴らすのを↓ダウンストローク、弦を下から上に鳴らすのを↑アップストロークといいます。

 

基本の6コードの押さえ方についてはコチラのページで、画像付きで解説しているのでよかったらどうぞー!

基本のウクレレコード

 

STEP①で学べるコト
  • コードを押さえる指の感覚
  • コードを鳴らしたときの音の感覚

 

さて!
基本の6コード、
うまく押さえて鳴らせましたか?

フジカオ
クリアした方は次のSTEP②へ行きましょう!

 

 

 

STEP②簡単なコードで弾ける曲を弾き語りする

さてSTEP②です!
STEP①で基本のコードを覚えたら、次は覚えた簡単コードを使って弾ける曲を実際に弾いて歌ってみましょう。

フジカオ
楽しい楽しい弾き語りに挑戦✨

 

▼まずは誰もが知ってるこの曲から

 

 

この曲で出てくるコードは、STEP①で練習した「C」「G7」「F」の3つだけ。

 

初心者さん
あ…弾けた✨
他にも初心者の練習に最適な曲ない?

 

 

初心者さんの練習におすすめの曲は、こちらのページでたっぷりご紹介しています。色んな曲で練習してみてください!

 

STEP②で学べるコト
  • リズム感
  • 弾き語りの感覚
  • コードチェンジの感覚
フジカオ
このSTEP②でどんどん弾いて歌って「たのしぃ!」という経験をたくさんして欲しいです(‘ω’)✨

 

ではでは…
次のSTEP③へ参りましょう!

 

 

STEP③ちょっと難しいコードを練習する

さて、STEP3③です!
STEP②で簡単コードで何曲か弾き語りを練習したら、次はもうちょっと難しめのコードも練習していきましょう。

初心者さん
む、難しいコードって?

 

 

どこからが難しいコードなのか?
っていう線引きは難しいけど…

 

「Bb」「Bm」など
指を3本使って押さえるコードや、1本の指ですべての弦をを押さえる(セーハ)コードなんかはコツをつかむまでは難しいと思います。ドンドン練習していきましょう(‘ω’)✨

 

\さあ押さえてみよう!/

ウクレレA#/B♭ ウクレレBm

 

押さえるのが難しいコードになると、弦を上手く押さえれなくてキレイな音が鳴らなかったりします。だけど焦らずゆっくり練習をつづけてみてください(‘ω’)キー!!っとなっちゃダメダメ♡笑

 

フジカオ
「楽しみながら」が1番大事✨やってるとコツをつかんできます。

 

STEP③で学べるコト
  • セーハを使っての押さえ方
  • 左手の幅広い使い方

 

 

どうですかー?
少し押さえるのが難しくなってくるけど、毎日練習してると弾けるようになるので、焦らずゆっくり行きましょう!

フジカオ
指先にマメを作るくらいの勢いでいきましょうぞ(ΦωΦ)笑
(ウソウソ!マイペースでOK!)

 

 

STEP④ちょっと難しいコードが入った曲&色んなリズムの曲を弾き語りする

さて、STEP④です!
STEP③で少し難しめのコードを練習したら、次はそれらのコードが入った曲で色んなリズムの曲を弾き語りしていきましょう。

初心者さん
色んなリズム…?

 

 

色んなリズムとは…
4ビートや8ビートや16ビートなどのことを言います。

 

▼色んなリズムで弾いた「チェリー」

 

 

こーゆーのを練習していきましょう。

フジカオ
チェリーはコードが簡単なのでリズムの練習におすすめだよ(‘ω’)

 

ここまできたら、アナタの好きな曲や弾いてみたい曲でジャンジャン練習していくとGOODです。ワタシは「Uフレット」というサイトで、自分の好きな曲を検索して練習しています。

 

 

例えば!!
冒頭で弾いたあいみょんの「マリーゴールド」を検索すると、こういう風に歌詞とコードがでてきます。

 

「マリーゴールド」で検索

 

初めて出現するコードに「何じゃコレ!!」ってなるときもあるけど、そうやって好きな曲を練習してると知らないうちに「パッパッと指が動く!」みたいなことになっちゃってるのでジャンジャン弾いてきましょう(‘ω’)✨

フジカオ
好きな曲だとモチベーションも湧くし、難しくてもやってて楽しいのでいいよね!

 

 

楽譜を買うとお金も結構かかるし
Uフレットなら無料で使えるので是非ためしてみてね!
(広告がでてくるのがちょっとイヤだけど無料だし文句は言えない…w)

 

STEP④で学べるコト
  • 難しいコードでコードチェンジする感覚
  • 色んなリズムを覚えれる(右手)
  • 弾き語りの幅がグーンと増える

 

STEP⑤簡単なソロの曲を練習する

さてSTEP⑤です!
いよいよ「ソロ弾き」の練習に入ります。

フジカオ
ぶっちゃけ…
ソロは難しいです。笑

 

だけど!
ウクレレを始めたからには、ソロ弾きができるようになりたい!と思っている人も多いと思うので、ここも1歩ずつ焦らず、簡単なアレンジから練習していきましょう。

 

古川先生の初心者ウクレレDVDを持っている人なら、このソロの基礎部分もDVDを見ながら楽しく練習を進めることができます(‘ω’)✨

 

コレです
\高いけどめちゃくちゃ重宝しました/

古川先生のウクレレ初心者講座DVD

内容を詳しく見てみる

 

フジカオ
お世話になったなぁ…しみじみ笑
(今は母が愛用中!笑)

 

ソロ弾きの練習に必須のウクレレ教本

ソロ弾きの練習を本格的にスタートする際は、絶対にこの本があった方がいいので紹介しておきます。

\コレ/

soleukulele

ソロウクレレを
誰でも弾けるようになる本

Amazonで買えます

 

この本はワタシの周りでも持っている人が多く、ソロの入門書にしてる人も多いです。Amazonや楽天でサクッと買えちゃうのでチェックしてみてね(‘ω’)

フジカオ
ワタシも、古川先生のウクレレレッスンDVDを経て、この本から本格的にソロの練習をスタートしました✨

 

この流れ最高!

おすすめの練習方法の流れ

 

あとはこの黄色い本を見ながら本に載ってる曲のを1つずつ練習していくだけ!
わかりずらいな…と思ったときは、YouTubeとテキストが連動してるので動画でチェックしながら練習をすすめることができるよ(‘ω’)♪

 

STEP⑤で学べるコト
  • 左手の細かい動き
  • 右手の色んな音の鳴らし方

 

どうですかー?
ソロはコード弾きと違って思うように指が動かなかったり、どこをおさえていいのか迷子になったりちょっと難しいですよね!笑

フジカオ
ワタシもまだまだソロは苦手!笑
一緒にがんばりましょー(‘ω’)!!

 

STEP⑥ちょっと難易度の高いソロ&ジャカソロを練習する

さて!
いよいよSTEP⑥です。

ここまできたらもう「初心者」ではないとワタシは勝手に思ってます。笑
難易度の低いソロ弾きがある程度スムーズに弾けるようになってきたら、ちょっとずつ難しいソロやジャカソロに挑戦していきましょう!

初心者さん
「ジャカソロ」って何?

 

ジャカソロっていうのは、ジャカジャカ伴奏部分も弾きつつ、メロディであるソロのパートも1人で弾く奏法のこと。要は、今まで別々に練習してきた「コード弾き」と「ソロ弾き」を1人で全部弾く弾き方のことです。

 

ソロやジャカソロを極めると
ウクレレでもこんな演奏ができちゃいます

 

ブラボー!!!!
(何回聞いても感動する…)

 

 

 

すごいですよね(‘ω’)✨
ワクワクが止まらんです。

 

 

おすすめのジャカソロ本

STEP⑥の練習でおすすめできるウクレレ本は色々ありすぎて…1冊にしぼれません!笑
おすすめできる本についてはコチラのページにまとめて紹介してるので、STEP⑥まで来た人は合わせて読んでみて下いな(‘ω’)♪

 

STEP⑥で学べるコト
  • ジャカソロとはどんなものか
  • ウクレレの色んなテクニック
  • 色んなリズム感や表現力

 

STEP⑦あとはご自由に!

さてさて!
ここまできたらあとはもう好きなだけ弾いてみたい曲を弾くだけ。大事なのは今の自分のウクレレのレベルよりちょっと難易度の高い曲に挑戦することだとワタシは思っています(‘ω’)

 

フジカオ
難しい曲を練習していると、いつのまにか色んなテクニックを習得できたりするので、上達のきっかけになるよ✨

 

 

【おまけ】ウクレレ初心者はどのくらいの時間練習が必要か?

最後におまけです。
よくこういったご質問を頂きます。

初心者さん
どれくらい練習したら弾けるようになりますかー?

 

 

結論!

1日5分でもいいし
1時間でも3時間でもいい!

 

そりゃ練習時間が長けりゃ長いほど、上達スピートがUPするのは間違いなしだけど、大事なのは「毎日ウクレレに触るコト」だと思ってます。ちょっとでもいいです(‘ω’)✨

 

なので「何分練習したらいいの?」とかはあまり気にせず、毎日ウクレレに触るコトに意識を置いて練習してみてください♪

 

フジカオ
ちなみにワタシは…
ウクレレ始めたての時は毎日30分~1時間以上は触ってた気がします。弾きだすと止まんなくなっちゃうんです…

 

 

さて!
いかがでしたでしょうか…

 

フジカオ的!ウクレレ初心者さんにおすすめのウクレレの練習方法のご紹介でした。

ウクレレ練習7STEP
  1. 簡単コードの練習をする
  2. 簡単コードで弾ける曲を弾き語りする
  3. ちょっと難しいコードを練習する
  4. ちょっと難しいコードが入った曲を弾き語りする
  5. 簡単なソロの曲を練習する
  6. ちょっと難易度の高いソロ&ジャカソロを練習をする
  7. 後はご自由に(‘ω’)

 

お察しの通りSTEP①~④くらいまでは初心者さんの練習だけど、STEP⑤~⑥のソロやジャカソロの練習は、ほぼ中級者さんの練習です。

 

毎日コツコツウクレレを触っていれば、独学でもソコソコ弾けるようになるので、ぜひ「楽しみながら」練習をすすめてみてください!

 

フジカオ
ではでは!
今日も思いっきりウクレレを楽しみましょうーね~✨長いのに最後まで読んでくれてありがとぅ