幻のウクレレ!?【LYMANA(ライマン)ウクレレ】の値段に驚愕

コンニチハ!
ウクレレ大好き人間フジカオです。

わたくしフジカオ、本日今までで一番高いウクレレを目にしました!!
お値段なんと……

74万8,000円!!

エ――――( ゚Д゚)!!!!!!!

 

幻のウクレレ【LYMANA(ライマン)】とご対面

これが幻のウクレレと言われているLYMANAウクレレ。
たまにフラーっと遊びに行かせてもらっている梅田にある楽器屋さんに行ったら、なんかすごい雰囲気を感じるウクレレがあったのでジーッと見てると、

「…ん?」

「んんっ?」

「いち、じゅう…」

「な、ななじゅうごまん!!?」

と思わず口にしてしまったウクレレです。笑
あんまり商品をパシャパシャ撮るのもアレなので、ワタシが撮った写真はこの1枚だけなんだけど…
ものすごーく渋くて美しくて…大人なデザインで、ほれぼれしました。

2014年に作られた入手困難なウクレレだそうです。
1本いかがですか?(ΦωΦ)フフフ…笑

 

どうして幻のウクレレなのか!?

MIKI楽器の店員さんは、いつも色んな事を教えてくれるので大好きです。笑
色々試奏もさせてくれるので最高です!
今回もこのLYMANAについて、教えてくれました。

フジカオ
買えもしないのに…スイマセン。涙
ありがとうございました!!

 

LYMANAウクレレが幻と言われる理由

それは…、製作者の方(ライマンアシカワさんって人)が自由人らしく…年間に作る本数がめちゃくちゃ少ないからだそう。
サーフィンしたり、他の趣味を楽しんだりされる方らしく、全然電話もつながらなかったりするんだって!笑
ほのぼのと、自分のペースでウクレレを作ってるところも、なんかハワイの人っぽくていいですよね(‘ω’)

そしてそして、使われてる木材もかなり貴重なものばかりで、お値段もグーンとあがるんだそう…。このウクレレのTOPに使われてるのはレッドシダーという貴重な杉の木。サイドにもブラジリアンなんちゃら(←忘れた!笑)っていうものすごく貴重な木を贅沢につかってるんだって。日本にはワシントン条約でひっかかるから入手も困難らしいけど…どうやって連れてこれらんだろうか…(‘ω’)?

工房はハワイのオアフ島!

ハワイのオアフ島に工房があるみたいなんだけど、本場ハワイでも手に入れることが難しいくらい貴重なウクレなんだって!そんな超レアなウクレレだから日本に入荷することもすごく稀だそうです。

フジカオ
「コレ、ホント滅多に出くわせないウクレレですよ!」って店員さんもめちゃくちゃ熱く話してくれました!笑

そんなウクレレにフラーと来て出会えてワタシは超幸せ者だ!
恐れ多くて触れなかったけど、触らせてもらえばよかった…と今ものすごく後悔しています(-_-)シマッタ

LYMANAウクレレの音色はパキッとクリア!

LYMANAウクレレにも色んな木を使ったウクレレがあるけど、今回出くわしたウクレレの音色は、音がパキッと強くでるけど、奥深くて、クリアな音色でした。ハイポジション部分の音色はとくにクリアで

(こんなウクレレでソロをうまく弾けたら最高やろうな~)

って思ったりしてました。
(買えないけどw)

フジカオ
誰かワタシに75万円をください。笑

 

っということで、
今回のウクレレレポートはここまで。

75万円もするウクレレを見ることができて
&音色を聞くことができて胸いっぱい。笑

フジカオ
75万円のウクレレは到底買えないので、400円のTAB譜ノートを買って帰りました。笑

 

コレ。笑

ノートとかカポとか…
いつも単価の安いものしか買ってないから
申し訳ない気持ちで毎回遊びに行ってます。笑

2本目の相棒探しの旅はまだまだ続きそうなので、これからも遊びに行かせてください…笑

フジカオ
ってことで今回はココマデ!
最後まで読んでくれてありがとです。今日もウクレレ楽しみましょう~♪

 

check!!

わたくしフジカオがウクレレを弾いたり、弾き語ったりしてるだけのYouTubeチャンネルを作りました。
興味のある人だけ、遊びに来てください(‘ω’)♪
ウクレレノトリコCh