次回から「ウクレレノトリコ」と検索してね!

ウクレレ「G7」はこう押さえよう【G7の押さえ方のコツ!】

ウクレレG7コードの押さえ方
初心者さん
ウクレレのコード「G7」を押さえる練習をしてるんだけど、うまく音が鳴らない…「G7」の押さえ方のコツ教えて

 

っということで今回は
こういったお悩みを解決していきます。

 

  • G7が上手く押さえられない
  • G7を押さえるとポンポン鳴る…
  • G7の押さえ方のコツは?

 

とお悩み中だった初心者さんは参考にしてみてください(‘ω’)

 

ウクレレコード「G7」の押さえ方

ではまず!
「G7」の押さえ方の確認から(‘ω’)

G7の押さえ方

 

「G7」は人差し指・中指・薬指の3本の指を使って押さえます。最初の頃はちょっとだけ難しく感じるかもしれないけど、慣れたらそーんなに難しくないコードだよ✨

 

 

G7を押さえるときのコツ

「G7」を押さえるときのコツとしては…
3本の指をしっかり立てて弦を押さえる!
ってのがコツだと思います。そうすることで、あの狭い三角形の中でも弦を押さえやすい状態になるんです。

初心者さん
指を立てる…?

 

 

指を立てるとは…
\こういうこと/

G7の押さえ方2

 

こうじゃなくて…

G7の押さえ方3

 

こうっ!!!

G7の押さえ方2

 

わ、わかるかな(ΦωΦ)💦
画像だとわかりずらいかもだけど、指を「クッ!」と立てて、指の先(爪に近い部分)で弦を「クッ!」と押さえると3本の弦をかなり押さえやすくなります。

 

フジカオ
やってみて(‘ω’)✨

 

指を立てることで

  • 弦を押さえやすくなる
  • 他の弦を触らない(←重要!)

 

ので、
自然と綺麗な「G7」の音が鳴りやすくなるんです。

 

初心者さん
あ…確かに!
弦が押さえやすくなった。

 

フジカオ
ワタシはコレを意識しだしてから、綺麗にG7の音を鳴らせるようになったよ✨

 

「G7」の押さえ方によくある失敗例

「G7」のように、狭い範囲を3本の指で押さえるコードの時、失敗例(キレイな音が鳴らない)としてよくあるのが…G7のよくある失敗例

2フレットの2弦を押さえてる中指の腹が3弦にあたっちゃって「ポン!」とか「ビーン」って音が鳴るパターンがすごく多いです!笑

 

フジカオ
「G7」の基本の押さえ方に指を配置してみて、上から1弦ずつ音を鳴らしてみてください!そこで「ポン!」とか「バイン!」とか「ビーン!」ってなる弦があったら、その弦にどこかの指があたっちゃってるっていうのがわかります(ΦωΦ)✨

 

初心者さん
なるほどね!

 

【まとめ】「押さえるべき弦だけ」しっかり押さえよう!

「G7」だけに限らず、
ウクレレのコードを押さえてみて綺麗な音が鳴らないときは、だいたいこの2つが原因。

 

  1. どこかの指がどこかの弦を触っちゃってる
  2. 押さえなきゃいけない弦をちゃんと押さえられてない

 

フジカオ
この2つが原因の場合はほとんど(‘ω’)!!

 

最初はゆっくりでいいので、自分の指が触っちゃいけない弦を触っていないか?または、押さえなきゃいけない弦をちゃんと押さえれてるか?を意識しながら練習するのがGOODです。

 

フジカオ
まずはゆっくり、確実に弦を押さえることを意識してみてね!

 

「G7」を押さえるときは
指を立てて!

G7の押さえ方2

 

今日はこれだけ覚えて返ってください(‘ω’)

 

ではでは…
まったね~!


フジカオ
最後まで読んでくれてありがと~✨