次回から「ウクレレノトリコ」と検索してね!

【コツは肘?】ウクレレのBフラットの押さえ方!(画像付き)

Bfurattonoosaekata
初心者さん
ウクレレのコード「B♭」ってどうやって押さえるの?音がキレイにならないからコツを教えて!

 

っということで今回は、ウクレレの「B♭」というコードの押さえ方&キレイに音を鳴らすためのコツをご紹介したいと思います。

 

ウクレレのコード「B♭」の押さえ方

ではまず!
ウクレレの「B♭(A♯)」のコード表を確認してみましょう。

 

ウクレレA#/B♭

 

 

実際にB♭を押さえたときの画像がコチラ

ウクレレのB♭の押さえ方

 

  • 1フレットの1、2弦を人差し指
  • 2フレットの3弦を中指
  • 3フレットの4弦を薬指

 

 

ウクレレのB♭の押さえ方(指の使い方)は基本的にこうなると思います。
人差し指で2本の弦を押さえるのが、最初はちょっと慣れなくて難しいかもしれないけど、こういう指の使い方は後々よくでてくるので、今のうちに習得しちゃっておくのがGOODです✨

 

B♭の押さえ方のコツ!キレイな音を鳴らすためには?

B♭は指3本を使って押さえるコードなので、どこかの弦にどこかの指があたって

 

  • ビーーン
  • ポンッ

 

 

みたいな音が鳴ってキレイな音が鳴らなくて悩んでいる人も多いと思います。笑

 

でも大丈夫!!

ワタシも最初はキレイなB♭の音が出せなくて、悩んでいたんだけど下の3つのポイントを意識することでキレイなB♭の音を出すことができるようになりました(‘ω’)✨

 

ウクレレのB♭をキレイに鳴らす3つのコツ
  1. 左のひじをお腹側にクッと寄せる
  2. 3本の指を斜めにする
  3. 人差し指から先に押さえる

 

1つずつ解説してみます!

 

ウクレレのB♭を上手に押さえるコツ①左ひじをお腹側に寄せる

B♭を押さえるとき、ワタシ的に最大のコツだと思ってるんだけど…左ひじをお腹側にちょっと痩せるんです。

\こんな感じ/

bフラットのコツ

 

そうするとコツ②で解説する「3本の指を斜めにする」がしやすくなって、イイ感じに弦をおさえることができてキレイな音がなりやすいです。

フジカオ
ぜひやってみてね(‘ω’)✨

ウクレレのB♭を上手に押さえるコツ②3本の指を斜めにする

コツの2つ目は、左手の人・中・薬指の3本を弦に対してまっすぐ押さえるんじゃなくて、ちょっと斜めにするイメージで押さえるということ。

 

\こうじゃなくて/

Bフラットの押さえ方のコツ②

 

\こう/

Bフラットコツ③

 

写真だとちょっとわかりずらいかな…💦
下の押さえ方の方が、手首が「グエッ」っと内に入ってると思います!

 

このときコツ①でいった「ひじをお腹側に寄せる」をすると、この指を斜めにするっていうのがやりやすくなります(‘ω’)!!

フジカオ
指を斜めに…というか
手首をウクレレのヘッド側に「ひねる」って感じかな…表現が難しい笑

 

 

ウクレレのB♭を上手に押さえるコツ③人差し指から先に押さえる

B♭を上手に押さえるコツ3つ目は「人差し指から先に押さえる」です。どういうことかというと…ウクレレを弾いてると絶対「コードチェンジ」をしますよね?

 

  • C→B♭とか
  • Dm→B♭とか

 

こういうコードチェンジのときに
B♭が上手く鳴らせない!っていう人も多いと思うんです。

 

だけどコレも大丈夫!

B♭を弾く直前のコードにもよるんだけど、
なれるまでは、1フレットの2弦をおさえる「人差し指」から先に押さえる意識でやってみると、案外中指と薬指はパタパタとついてくるので、うまく押さえれやすいんです(‘ω’)

 

フジカオ
大げさにやる必要はないけど、そんなイメージをもってやってみてね✨

 

 

以上!
ウクレレのコード「B♭」の押さえ方と、嫌いな音を鳴らすための押さえ方のコツについてでした。