次回から「ウクレレノトリコ」と検索してね!

【ウクレレのサイズ別特徴まとめ】音の違い&大きさも徹底比較!

初心者さん
ウクレレが欲しいんだけど、サイズが色々あってどれを選んだらいいのかわからない…サイズの違いでなにが違ってくるのかも知りたいな…!

 

このページでは、ウクレレの定番サイズについての解説と、サイズごとのウクレレの特徴、自分にあったウクレレサイズの選び方などを解説しています。

 

これらのお悩みが解決できます
  • ウクレレの定番サイズについて
  • サイズごとでどんな違いがあるのか
  • 自分にはどのサイズのウクレレが合ってるのか
  • 初心者に人気のウクレレはどんなのがあるのか

気になっていた方は参考にしてみてください。

フジカオ
1本目のウクレレとして人気なウクレレはコチラの「初心者さんにおすすめのウクレレ3選!」にまとめています。

 

 

ウクレレのサイズは何サイズあるの?

ウクレレのサイズについて

まず最初に!
ウクレレには大きく分けて3種類類のサイズがあります。

細かく言うと、本当は7種類ぐらいのサイズがあります。でも初心者さんの最初の1本として選ぶなら定番の3サイズになると思うのであえて3サイズで紹介しています。

 

ウクレレの「定番」はこの3サイズ
  1. ソプラノ
  2. コンサート
  3. テナー

ウクレレの定番はこの3サイズになります。
ソプラノサイズの下に「ピッコロ」というめちゃくちゃ小さいサイズがあったり、テナーの次に「バリトン」という超特大ウクレレもあるけれど、ココでは割愛!

フジカオ
ソプラノ→コンサート→テナーの順にサイズが大きくなっていくよ✨

 

 

①ソプラノサイズのウクレレの特徴

ソプラノサイズのウクレレを
抱えてみました!

ソプラノサイズのウクレレ画像
フジカオ
166㎝です。指が長いね!っとたまーに言われます笑
女性にしては手も大きい方かなーっと思うけどメインで使ってるウクレレはこのソプラノサイズです✨

 

ウクレレの定番!
と言われているのがこのソプラノサイズのウクレレ。最初の1本目のウクレレとして、ソプラノサイズのウクレレを選ぶ人が多いし、ワタシもソプラノサイズからのスタートです(‘ω’)

 

■ソプラノウクレレの特徴

全長 フレット数 音色
約54cm 12~15 鋭くて明るい
コロコロ感がある
ウクレレらしい音色

ウクレレの個体差は若干あるけど
だいたいこんな感じになると思います。

 

ソプラノウクレレの特徴
  1. 弾きやすい(弦をおさえやすい)
  2. お値段が比較的リーズナブル
  3. ウクレレらしい音色を1番感じられるサイズ

ソプラノサイズのウクレレにはこういった特徴があります。

 

ソプラノウクレレの特徴①弾きやすい

ソプラノサイズのウクレレは、各メーカーによって多少前後するけど、全長がだいたい54cmくらいのものが多いです。手や体の小さい女性や子供でも難なく扱うことができるサイズで、部屋に置いてても邪魔にならないサイズのでサッと手を伸ばして練習することができます(‘ω’)✨
また「弦の張り」がきつくないので、指が痛くなりにくかったり、コードが押さえやすい!というメリットがあり弾きやすさもGOOD!

 

フジカオ
どのサイズのウクレレでも、慣れるまではちょっと痛いけどね!でもソプラノサイズのウクレレならそこまで「辛さ」は感じません♪

 

初心者さんにとって「持ちやすい・押さえやすい・弾きやすい」っていうのは、ウクレレを継続していけるかどーかの大事な分かれ道になる場所なので、挫折しにくいソプラノサイズから始めるのを推奨しています(‘ω’)

 

初心者さん
なるほど。
弾きやすさって大事なんだね!

 

 

ソプラノウクレレの特徴②価格がリーズブル

ソプラノサイズのウクレレは、ウクレレのグレートによってもちろん左右するけど、初心者さん向けに作られたモデルのウクレレが多く、そのほとんどが比較的リーズナブルな価格で購入することができます!

 

ウクレレにちゃんとはまるかどうかわからない初心者さんにとって、ちょうといい価格帯のウクレレがたくさんあるので助かりますよね(‘ω’)✨

 

 

ソプラノウクレレの特徴③これぞウクレレ!の音色を楽しめる

みなさんがイメージしてるウクレレの音色に1番近いのは、ソプラノウクレレの音色だと思います(‘ω’)コロコロっとしつつ、明るく軽快で、サスティン(←音の伸び)は、ジャーンと弾いた場合、3サイズの中で1番長く音が残ります。

 

ハワイアンなどのゆったーりした曲を弾きたい人や、弾き語りなどをやりたい人にもってこいのサイズです✨

 

【1~6万円で買える】おすすめウクレレ初心者セット3選!《動画付》

 

 

 

②コンサートサイズのウクレレの特徴

ソプラノサイズより
かなりサイズアップします!

コンサートサイズのウクレレ画像
フジカオ
ズシッと感がUPしてますよね✨
ソプラノから持ち変えると「デカッ!」と毎回思います。笑

 

ソプラノサイズの次に大きいのがコンサートサイズのウクレレです。ソプラノとテナーのいいとこどりをしてる特徴があり、最近は手の大きい男性は最初からコンサートを選ぶ人も増えてきてます(‘ω’)

 

■コンサートウクレレの特徴

全長 フレット数 音色
約60cm 17~19 豊かな音色
コロコロ感もやや残っている

ソプラノと比べて全長がわずか5~6cmくらいの差しかないけど、実際に抱えてみるとその数字以上の大きさを感じると思います。

 

コンサートウクレレの特徴
  1. 手の大きい男性に人気
  2. ソプラノとテナーのいいとこどり
  3. ソロ弾きも弾き語りも楽しみやすい

こういった特徴があります。

 

コンサートウクレレの特徴①手の大きい男性に人気

コンサートサイズのウクレレは、ソプラノよりも一回り大きくなるので手が大きい男性や指の太い男性、ギター経験者で指が「グワッ」と開く人の、最初の1本目として選ばれることが増えてきました。

 

ただし!
ギターの経験のない人や、手が小さく握力が少ない女性や子供には、弦の張り具合も若干きつくなってくるので最初の1本には正直おすすめはしていません…(ΦωΦ)💦

 

初心者さん
サイズが大きくなるにつれ、弦を押さえる力が必要になってくるってことね!

 

 

コンサートウクレレの特徴②ソプラノとテナーのいいとこどり

コンサートサイズのウクレレは、ソプラノサイズとテナーサイズのいいとこどりをしている特徴があります。フレット数も多いので音域も十分、テナーサイズより弦の張りはまだマシなので頑張ればコードも押さえられます(慣れるまで結構痛いよー!笑)

 

音色もソプラノよりはコロコロ感が減ってしまうけれど、テナーよりウクレレ離れしてないサウンドを楽しめます。

 

フジカオ
悪くいっちゃうと、ちょっと中途半端…ってとらえ方もできちゃいます。悪く言う必要ないんけどね(ΦωΦ)笑

 

個人的には、最初はソプラノである程度ウクレレになれてから、ソプラノ→コンサートの流れがウクレレを楽しみながら続けられるのでいいんじゃないかなーっと思っています(‘ω’)✨

 

コンサートウクレレの特徴③ソロも弾き語りも楽しめる

ソプラノサイズのウクレレに比べて、ボディが大きくなる分、音色がふくよかになってきます✨フレット数も増えるので、音域が増え、サスティン(音の伸びのこと!)に関してもソプラノとテナーの間くらいのイメージなので、弾き語りをしたい人にもソロ弾きをしたい人にも相性GOODです。演奏できる曲の幅もが増えます(‘ω’)

 

 

③テナーサイズのウクレレの特徴

さて!
最後は1番大きなサイズのテナーです。
このサイズのウクレレは初心者さんの最初の1本目にはおすすめできないので、特徴だけつかんでもらえればなーと思います(‘ω’)✨

 

■テナーサイズウクレレの特徴

全長 フレット数 音色
約67cm 18~20 クリアな音色
ふくよかで奥行きがある

コンサートサイズよりさらに7cmほど長くなり、重さももっとズッシリしてきますよー(‘ω’)!!

 

テナーサイズウクレレの特徴
  1. とにかく大きい!
  2. 弦を押さえるのに力が必要!
  3. ふくよかでクリアな音が最高!

こういった特徴があります。

 

テナーウクレレの特徴①とにかく大きい!

テナーサイズのウクレレは…もうとにかくデッカイし重い!笑
ワタシは普段ソプラノサイズのウクレレを弾いているのでテナーをもったら「デカ!」と必ず毎回言います。笑

重さもズッシリあるので、
ウクレレを手に取る時は「よいしょ!」感が必要。笑
(人によるか…笑)

 

テナーウクレレの特徴②弦を押さえるのに力が必要

テナーサイズのウクレレは、コンサートサイズのウクレレよりさらに弦の張り具合がピン…いやもはや「ビンッッ!」と表現した方が近いかも(ΦωΦ)
とにかく弦の張りの力が強いので、より一層弦を押さえる力が必要になります。それに加えてフレット幅も広くなるので、コードを押さえるのも一苦労…💦

 

\フレット幅っていうのはココ!/

フレットの幅解説
フジカオ
サイズアップするごとにこのフレット幅が広くなるので、それだけ押さえるのも大変になってくるってことです!手が小さいと「届かぬ~💦」って苦労します。笑

 

腕の筋肉や、手の握力なんかもある程度必要になってくるので、このサイズのウクレレもある程度ウクレレを弾いてきた人が2本目3本目に買うのがGOOD。
実際に、テナーサイズのウクレレを持っている人は2本目3本目に買ったよー!という人が多いです(‘ω’)✨

 

フジカオ
最初からテナーを選ぶのも間違っては全然ないけど、挫折する可能性大なので気をつけてね(ΦωΦ)笑

 

テナーウクレレの特徴③ふくよかでクリアな音色が最高!

テナーサイズのウクレレ最大のメリットポイントは、なんといってもふくよかでクリアな音色が鳴るコト(‘ω’)✨
ソプラノやコンサートに比べて、ボディも大きくなるし、弦の長さももちろん長くなるので、より一層音程が正確になるんです。ピッチが安定する…っていう言い方をしたりもします(←通ぶって言ってみよう!笑)

 

なので!
メロディも伴奏も1人で演奏する「ソロ弾き」をより美しく演奏したい、中級者さんや上級者さんにおすすめのサイズで、実際にプロのウクレレプレイヤーさんの殆どがテナーサイズのウクレレを使っています。

フジカオ
ジェイクさんや、名渡山さん、近藤利樹君なんかもテナーサイズのウクレレを使っているよ(‘ω’)✨

 

全員テナーサイズのウクレレ

 

初心者さん
へーそうなんだー
じゃ最初の1本にテナーサイズのウクレレはちょと違うね!笑

 

 

 

ウクレレはサイズの違いでこう違う【特徴比較】

  全長 フレット数 弾きやすさ 音色
ソプラノ 約54cm 12~15 そんなに
力がいらない
鋭くて明るい
コロコロ感がある
ウクレレらしい音色
コンサート 約60cm 17~19 やや力が必要 豊かな音色
ややコロコロ感も残っている
テナー 約67cm 18~20 かなり力が必要 クリアな音色
ふくよかで奥行きがある

ソプラノとテナーとでは、長さだけでも約10cmも違います。
数字だけだとそんなにって感じだけど、実際に抱えてみるとかなり違いますよー(‘ω’)!!
重さも!!

 

コンサートとテナーを比較してみるとフレット数はそこまで変わらないのにも関わらずボディの大きさがかなり変わります。それだけテナーはBIGサイズということ!大きさ以外にも…

 

  • 重さ
  • フレット数
  • 弾きやすさ
  • 音色

 

なども全然違ってきます。
特に「音色」についてはソプラノとテナーとでは同じウクレレなの?と思うくらい違ってくるので、ウクレレらしい音色を求めている初心者さんはまずはソプラノからがいいかなと思います。

 

ウクレレのサイズによる【音色の違い】

初心者さん
サイズの違いで、ウクレレの音色ってどう違うのー?

っと気になっている初心者さんも多いと思うので、使われている木材や作り方で多少の違いはあるけれど、各サイズのウクレレの音色がイメージしやすいように動画をピックアップしてみました(‘ω’)

 

①ソプラノウクレレの音色

 

あーいい(‘ω’)♡笑
コロコロとしてて明るくて
軽快な音ですよねー✨
「This isウクレレ」って感じです。

 

 

②コンサートウクレレの音色

 

さっきのソプラノと比較するとコロコロ感が減っているのわかりますか(‘ω’)?
そして音色に奥行きがでてきています。

 

 

③テナーウクレレの音色

 

クリアなサウンド~(‘ω’)✨
コロコロ感はかなり薄れて、音色のふくよかさが際立ってきてます。
ボディが大きい分、音量もかなりアップしてきます。

 

どうでしょうか(ΦωΦ)!!
サイズでこれだけ音色は違ってきます。
聞いてもらうとわかると思うけど、ウクレレらしい音色を1番楽しめるのはやっぱり「ソプラノ!」アナタが求めてる音色に近いのは、どのサイズっぽいですか(‘ω’)✨?

 

フジカオ
ウクレレにはまると何本もウクレレが欲しくなってしまうのはこの「音色の違い」せい!自分好みの音色を求めてついつい買っちゃうんですよね…(ΦωΦ)笑

 

 

1番ウクレレらしい音色なのはソプラノ

ソプラノサイズのウクレレ画像

みなさんが聞きなじみのある「ウクレレ」の音色を出してくれるのはたぶん、ソプラノサイズのウクレレです。使われてる木材によって違いは多少あるけれど、コロコロとしていて明るい音色を奏でてくれるのは圧倒的にソプラノです(‘ω’)♪

 

ウクレレらしい音色を求めてる!
だってウクレレ始めるんだもの!

 

っという初心者さんは、
ソプラノサイズのウクレレに絞ってウクレレを探してみるのがいいかなーと思います。

 

初心者さんにおすすめできる
\ソプラノウクレレ集めてみました/

【1~6万円で買える】おすすめウクレレ初心者セット3選!《動画付》

 

 

初心者さんにおすすめのウクレレサイズ

人によっていろいろ意見が分かれると所だけど…ワタシ個人の意見としては、ウクレレ初心者さんには「ソプラノサイズのウクレレ」がおすすめです(‘ω’)理由は5つ。

 

ソプラノをおすすめできる5つの理由
  1. 弾きやすい
  2. 比較的お値段がリーズナブル
  3. 初心者向けのモデルがたくさんある
  4. ウクレレらしい音色を楽しめる
  5. コンサートやテナーサイズにサイズアップしていくときもストレスが少ない

 

これにプラスして…

  • とにかくかわいい
  • 肩肘張らずに楽しめる
  • 小さいから外に持っていきやすい
  • 明るい音色に毎日ワクワクさせてもらえる

などがあります(‘ω’)
(もっとあるけどキリないからこのへんまでにしときますw)

 

 

【おまけ】初心者さんにはソプラノがいい!と言い切る思いを熱弁

コンサートサイズのウクレレも、テナーサイズのウクレレももちろんそれぞれによさがあってすごく魅力的なんだけど、最初の1本にコンサートやテナーからいくのがなんかもったいない気がするんです。

 

初心者さん
もったいない…?

 

 

ワタシの個人的な意見だけど、コンサートサイズのウクレレを持ってる人やコンサートやテナーを1本目に選ぶ人って、結構カッチリウクレレを楽しみたい派の人に多い印象があるんです。ソロ弾きをしっとり、ミスなくどれだけ綺麗に弾くか!?みたいな感じ(‘ω’)(←コレが悪い、ダメって言ってるんじゃないよ!素晴らしいコト!!)

 

ワタシもね…
たぶんコンサートのウクレレを買うと、ちょっとしっかりウクレレを構えて大事に大事にウクレレを弾きそうな気がしてるんです。笑
いかに綺麗な音をだすか…とか、ミスタッチをどれだけ少なく弾くか…とか意識しながら弾くような気がするんですよね!笑

 

でも最初って、
そんなこと気にせず、思いっきり「ジャンジャン」弾かないともったいない気がするんです。
綺麗な音を鳴らす!とかミスなく!とか考えずに、弾きたいように思いっきり弾いた方がいいと思ってるんです!

 

フジカオ
だってその方が、絶対楽しいから(‘ω’)💕

 

それが1番できるウクレレはソプラノだと思ってます。
だからソプラノをゴリ押ししちゃうんです(ΦωΦ)

 

コンサートやテナーサイズのウクレレを買って「しっとり弾く」とか「綺麗に音を出すことを意識する」とかの弾き方は、ソプラノである程度楽しんで、ウクレレの楽しさをわかってきてからで全然いいと思うんです!!

 

初心者さん
フムフム。

 

ソプラノサイズのウクレレを手荒に扱っていい!って言ってるワケじゃなくて、肩ひじ張らず思いっきり弾きたいように弾きやすいウクレレだから(←値段的にもね!)初心者さんには最適なんだよーってことです(‘ω’)💕

 

初心者さん
なるほどねーソプラノのをすすめられる理由が納得できたかも。

 

まずは肩ひじ張らずに
「楽しくウクレレを弾く!」ってことが、ウクレレの上達にもすごく影響すると思うので、これといったこだわりがない人は最初の1本目はソプラノでいいと思いますっちゅう話でした(‘ω’)✨

 

…どうでしょうか(ΦωΦ)?
ソプラノサイズのウクレレを最初の1本に選ぶメリット…伝わったでしょうか?ソプラノサイズのウクレレに絞って探してみるかっ!と思えた人はコチラのページに、ウクレレ初心者さんにおすすめできる3本を紹介したページがあるのでよかったらチェックしてみてください。

 

\3本に厳選してみました/

【1~6万円で買える】おすすめウクレレ初心者セット3選!《動画付》

 

 

自分に合ったウクレレサイズの選び方

初心者さん
自分にはどのサイズのウクレレがいいのかなー?なにか目安みたいなのが知りたいな…

 

っという初心者さんも多いので表を作ってみました!

 

▼ウクレレのサイズの選び方目安表

サイズ おすすめ層
ソプラノ
  • ウククレレらしい音色を楽しみたい人
  • とりあえずウクレレ始めてみよっかなって人
  • 予算をそんなにかけられない人
  • ギター経験者とかではない人
  • 手の小さい女性・子供
コンサート
  • 幅広い音域で演奏を楽しみたい人
  • ギター経験のある女性で
    ウクレレらしい音色は特に求めてない人
  • 手が大きくてウクレレらしい音色を特に求めていない男性
テナー
  • 初心者さんにはおすすめしません
  • ある程度ウクレレの経験がある人
  • とにかく手がでかい!という人
  • ギターの経験がある人
  • 最初から高額出せる人

 

どのサイズのウクレレがいいのか?も含め、失敗しないウクレレの選び方についてはコチラのページで詳しくまとめてみた。色々ちゃんと納得できた上で自分にピッタリなのを買いたい!という初心者さんはチェックしてみてください(‘ω’)

【ウクレレの選び方】選び方に失敗しない3つのポイント《結構大事》

 

 

初心者さんにおすすめしないウクレレサイズ

これからウクレレを始める初心者さんには…

  • ピッコロ
  • バリトン
  • テナー

このサイズは正直おすすめしません(__)
100歩ゆずってテナーはまだOKとしても、ピッコロとバリトンは絶対NGです。ピッコロは小さすぎて演奏を楽しめないし、バリトンは大きすぎてウクレレらしさを感じにくい…笑

 

ピッコロサイズのウクレレを
抱えるとこんな感じ…笑

ピッコロサイズのウクレレ

3弦が切れてるけど
気にしないでね♡笑

フジカオ
バリトンになるとチューニングの仕方も違ってくるしね💦

最初の1本目にこの3サイズは「うーむ…」ってのが本心です。
っていうかやめた方がいいデス💦

 

 

初心者におすすめのウクレレは?

友達に「どんなウクレレがいいと思うー?」と相談されたら、ワタシはまずこのFamousのソプラノサイズのウクレレ「FS-1G」をすすめています。

 

  • 弾きやすさ
  • 作りの丁寧さ
  • ちゃんと深みのある音色
  • 中級レベルになっても満足して使える
  • 15フレットまであるから色んな演奏が楽しめる

 

こういった特徴のあるウクレレで
実際、ウクレレ屋さんにいったらかなりの確率で置かれてるウクレレです。この「FS-1G」には、初心者さんの救世主となってくれる超わかりやすいウクレレDVDがついているセットがあるので、気になる人だけ公式ページをチェックしてみてください(‘ω’)

FS-1Gのウクレレセットの詳細を見てみる

 

 

 

ウクレレのサイズについてよくある質問まとめ

最初の1本をどのサイズにしたらいいか悩んでる初心者さんに、よく聞かれる質問をまとめてみました。

フジカオ
気になるところだけ、読んでみてね✨

 

①ソプラノとコンサートかどっちがいい?

ウクレレらしい音色を楽しみたいならソプラノ!幅広い音域で演奏を楽しみたいならコンサート!
って感じです。個人的には「THEウクレレ」を楽しめるのはソプラノだと思ってるので、これといったこだわりがないならソプラノがいいと思ってます(‘ω’)✨

 

②男でソプラノサイズのウクレレはやめた方がいい?

全然OKです(‘ω’)!!
男性の場合、手が大きかったり体が大きかったりすると「ソプラノサイズのウクレレってどうなんだろ?」と悩む人もいるみたいだけど、本場ハワイでは体のおっきい人でもソプラノサイズのウクレレを普通に弾いてます。

 

ウクレレの神様と言われている「ハーブオータさん」も、男性だけどソプラノサイズのウクレレを弾いてるしね(‘ω’)✨

 

③弾き語りを楽しみたいならどのウクレレサイズがいい?

どのサイズでも楽しめます。
けど、あえてでいうなら「ソプラノ」です。ソプラノはサスティンっといって音の残りが(音の伸びって言うほうがわかりやすいかな?)コンサートやテナーに比べて優れているので、ゆったり弾き語りを楽しみたいならソプラノがおすすめ(‘ω’)

 

フジカオ
ワタシもソプラノで思いっきり弾き語りを楽しんでます✨

 

④ソロ弾きを楽しみたいならどのウクレレサイズがいい?

ぶっちゃけどのサイズでも楽しめます!
でもしいて言うのであれば、ソプラノよりもコンサートの方がフレット数が多い=音域が広くなるので、より豊かな音色を楽しむことができるので、そういった面ではコンサートが向いてるかもです。ソプラノサイズのウクレレでも15フレットまであるものを選べば十分ソロウクレレも楽しめます(‘ω’)

 

⑤ウクレレのサイズによって弦の柔らかさって違う?

違います(‘ω’)!!
弦の硬さはメーカーや種類によって異なるんだけど、同じメーカーの同じ弦を、ソプラノとテナーにはると弦のテンションは、圧倒的にテナーの方が強くなります。

 

=それだけ押さえる力が必要になるってこと!

 

初心者さんがテナーサイズのウクレレを買うことはまず少ないと思うけど、万が一1本目にテナーを買うなら、そのときは「弦高調整」がちゃんとされてるウクレレを選ぶのが大事!

 

されてない安物のテナーを選んじゃうと、テンションがさらにきつくなって押さえるのにかなり苦労します(指がめっちゃ痛い!)のでテナーサイズのウクレレを買うときは、ちょっとたかくても弦高挑調整がちゃんとされたウクレレを選ぶように気を付けてね(‘ω’)✨

 

 

⑥女性でテナーサイズはやめておいた方がいい?

全然OK!
でも、初心者さんにはおすすめしません!

すでにソプラノかコンサートサイズのウクレレをもっていて、ある程度経験を積んでいる人なら、女性でも全然テナーサイズを選んでもOKです(‘ω’)ワタシも、2本目のウクレレは絶対テナーを買う!って決めてます💛(ただいまウクレレ貯金中…笑)

 

店員さんに同じ質問をしたことがあるんだけど、コードを押さえる手をみてもらったり、ストロークをみてもらったら「あ、全然いけますね!」っていってもらえました!
なので女性でもテナーのウクレレを選んでも全然OKだと思います(‘ω’)持ってる人もいっぱいいるしね!

 

⑦子供にはどのサイズのウクレレがいい?

ソプラノを断然おすすめしたい!
手の小さい子供には最初はソプラノでいいと思います。そしてそんなに高いのじゃなくてもいいと思います。

フジカオ
ハマるかどうかわからないしね💦笑

 

 

 

まとめ|初心者さんの最初の1本はソプラノがいいと思う!

ではまとめます!
ウクレレを始めてみようと思ってるけど、どのサイズがいいのかな~?と悩んでいる人で、とくに「コレ!」っといったこだわりがない人は「ソプラノサイズ」のウクレレでOK!っという内容でした(‘ω’)✨理由は下記の通り!

 

ソプラノサイズをおすすめできる5つの理由✨
  1. 価格がリーズナブル
  2. 初心者でも弾きやすい
  3. ウクレレらしい音色を楽しめる
  4. サッと手にとりやすい
  5. 2本目にコンサート、テナーとサイズアップしたときもストレスを感じにくい

 

あとは…
ページの中頃で熱弁した通りです(ΦωΦ)笑

 

このページがアナタのウクレレ選びの
ちょっとした参考になれてたら嬉しいです(‘ω’)!!

 

フジカオ
ではではー!
長いのに最後まで読んでくれて、ありがとうございました

 

まだウクレレを持っていない
\初心者さんによく読まれてるページです/

【1~6万円で買える】おすすめウクレレ初心者セット3選!《動画付》